ユアドリーム副業は詐欺なの?株式会社MatoMa(今井健仁)が危険

ユアドリーム副業は詐欺なの?株式会社MatoMa(今井健仁)が危険

以前、株式アシストのユアドリーム副業の記事を書きましたが、たくさんの反響をいただいています。

中には、返金や退会などの悩みを抱えられた読者さんからの連絡もあったので、今回は記事にさせていただきたいと思います。
以前の記事に関しては、以下より参照してみてください。

株式会社アシストのYourDream(ユアドリーム)で月収15万円を目指す!

それでは、今回はユアドリームの返金方法と巷で噂になっている株式会社MatoMaの怪しい噂について調査していきたいと思います。

ユアドリームとは?株式会社アシストが販売するネットビジネス

ユアドリームとは株式会社アシストが販売している情報商材になります。

情報商材と聞くと、少し怪しいと感じてしまう方も多いと思いますが、このユアドリームは当たりの商材として話題になっていました。
私もユアドリームで稼ぐことに成功しており、当サイトで何度かレビュー評価をさせていただいております。

そんなユアドリームは公式サポートをLINE登録することで始めることができ、一人ひとりにサポートがつき収入ビジネスがスタートします。
中には、ついていけない方もいるようなんですが、無理のないノウハウとビジネスモデルにより収益化できた方が多いと聞きます。

ユアドリームのビジネスモデル!収入ビジネスの仕組み

実際にユアドリームを実践されている方ならビジネスモデルについて理解していると思いますが、ネットビジネスを経験したことがない方にとっては理解に苦しむモデルのようです。
まあ、確かにインターネットでブログを作ったりクラウドソーシングのような作業をされたことがない方にとってはネットで収入が得られるといった考え方が新鮮なのかもしれません。

ビジネスモデルとしては、一般的なネットビジネスと変わりありません。
自宅で作業が可能なのでパソコンやスマートフォン(スマホ)さえあれば仕事が可能です。

不労所得のようなものではないので、少なからず作業が必要になります。
ここを誤解してネットビジネス=不労所得を得られると勘違いしてしまう方が多いので注意が必要です。

ユアドリームは詐欺?被害者続出と言われているのはデマ

情報商材ではあるあるなのですが、他の情報商材を販売している人やアフィリエイターがレビュー記事としてよくバッシングします。
また、それはタチが悪いことに「詐欺」「嘘」「返金」「稼げない」などのネガティブなキーワードで記事を作成します。

就活をされたことがある方ならわかると思いますが、会社の評判を調べる際に「〇〇会社 ブラック」といった感じです。
これと凄く似ているところがあり、ネットビジネスなのでユーザーも「詐欺」や「稼げない」などのキーワードで検索します。

当然、レビュー記事を作成する側はアクセスアップを狙いたいので、そのキーワードに近い内容を作成しブログにアップしちゃうのです。
販売会社からすると風評被害なのですが、情報商材の業界ではよくあることです。

そのため、理解している人が見れば、嘘や工作として作成された記事が一瞬でわかるのですが、初心者は騙されてしまいます。
ユアドリームで騙されたのような書き込みも一部で見受けられますが、それはデマであって圧倒的にユアドリームで稼いでいる人の割合が多いです。

ネガティブな書き込みは目立って見えがちです。
実際に現在様々なレビューサイトを見ても約8割~9割が実際に稼いでいる人の良い口コミになります。

ユアドリームの返金は可能?情報商材はクーリングオフ不可能

「ユアドリームの返金は可能ですか?」よくこんなコメントやメールが届きます。

まず聞きたいですが、何故返金しようと思うのですか?そして何故私に聞くのですか?と。
直接、お問い合わせフォームからメールを送信してみる方が早いと思います。

それに、私には返金する理由が思いつきません。
せっかく購入したものを返金するのはあまり好きではありません。

情報商材は一般的に電子書籍のジャンルになるため、クーリングオフ制度は意味をなしません。
つまり、クーリングオフできず返金は不可能です。

それなのに「なんで返金できないの!」などと騒いでいる人は相当タチが悪いか諦めが悪いかのどちらかです。
心配なら始めから特定商取引法の記載を見るなりリスクヘッジをしっかりととり、理解した上で契約すべきです。

株式会社MatoMaとは?被害者数を捏造してやりたい放題

こちらもよく届く質問なのですが「株式会社MatoMAとプラットフォームMatoMaは信頼できますか?」といった内容です。

存じ上げなかったのですが、こちらは弁護士がされている会社とサイトのようです。
評判を調べてみると、あまり良いことが書かれていません。

というのも、昔から詐欺や危険なサービスに警鐘を鳴らしている某有名ブロガーの方が注意喚起をしています。

掲示板やQ&Aサイトにサイトのリンクを設置し誘導している

MatoMaですが、情報商材で騙されたユーザーを掲示板やQ&Aサイトを利用し誘導しているようなのです。

掲示板やQ&Aサイトにサイトのリンクを設置し誘導している

また、最近ではLINE@サービスも始めたらしく個人情報を抜いています。
これでは、よくあるLINE@詐欺や情報商材の会社と変わりありません。

実際に登録画面を見てみると、けっこう細かく個人情報を入力する欄があり、プライベート情報を抜かれている感じもします。

MatoMa側からすれば騙されたユーザーに寄り添うように見せ、弁護士を利用させ高額な請求をするような仕組みなのでしょう。
既にお金がないユーザーからさらにお金を巻き上げるなんてエグいと感じてしまいます。

株式会社MatoMaの今井健二の評判があまり良くないようです

まずはこの画像を見て下さい。

株式会社MatoMaの今井健二の評判があまり良くないようです1

サンライフ興業の被害者が28人となっていますが、コメント欄の書き込みは0のようです。

株式会社MatoMaの今井健二の評判があまり良くないようです2

2018年9月下旬にMatoMaのサービスがスタートしたのに対し、1週間程度で被害者数が28人も集まったようです。
これはまずあり得ないと思っていいでしょう。

被害者数を水増し、本当に悩んでいるユーザーに対して配慮できていないところを見ると「騙されているユーザーのために」というよりは「MatoMaで弁護士を利用してお金を払って下さい」というような感じにしか伝わってきません。

MatoMaでは返金成功してもバカ高い金額を請求される?

もちろん、MatoMaの利用は無料とされていますが、弁護士と相談すれば費用が発生します。
情報商材はクーリングオフがないのでそもそも返金が難しいです。

成功する確率も低いと言われていますし、それなのに弁護士を利用すればユーザーの負担は大きくなってしまいます。
MatoMaの今井健仁弁護士などからすれば美味しいビジネスなのかもしれませんが、ユーザーにとっては利用し難いです。

MatoMaで実際に返金成功した事例は聞きませんし、書き込みでシステム利用料として返金成功の半分を弁護士に支払ったと書き込んでいるユーザーもいます。

某有名ブロガーさんも「MatoMaは怪しいので利用しないように注意してください。」と言っているように、注意が必要かもしれません。

まとめ

今回は株式会社アシストのユアドリームの返金方法とMatoMaの怪しい噂についてご紹介させていただきました。

ユアドリームに関してはやはり実際に稼いでいるユーザーも多いため、自分だけ返金というのはまず難しいように感じます。
そもそも、クーリングオフの適用外ですので諦めるしかないと思います。

やはりモノを購入する際はよく吟味して納得して後悔のないようにするのが大切です。
後から悔やんでも何も返ってきません。

数億円や数千万円という莫大なお金が動いていない限り消費者庁や消費者センターなどの団体も動きませんし、訴訟や弁護士はお金が莫大にかかるため辞めた方が良いでしょう。
自分でまずは問い合わせ、対応ができないと言われたら諦めるのが利口です。

お金が返ってくるからといってさらにお金を使うのでは本末転倒だと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です