お問合せはこちら

「食べ放題」って本当にお得なの?

街中でよく見かける魅力的な言葉に「食べ放題」というのがあります。ある一定の金額を払えば、青天井で食べられるのですから、必ずしも給料が高いとはいえない若いサラリーマンにとっては魅力的ですよね。でも、実際のところ本当お得なのでしょうか。
そもそも、食べ放題といえども儲からないとお店が潰れてしまいますので、ちゃんと元が取れるシステムになっているのです。例えば焼き肉の場合は米国産など安く入手できる肉を使用していますし、その中でもバラなど比較的コストの低い部位を出しているのです。バイキングの場合も同じで、一つ一つの料理のコストは抑えられていますので、払った分の元はなかなか取れないようになっているのです。オーダー形式の場合は、注文して次がくるのを待っている間の時間でお腹がいっぱいになってしまうこともありますので、思ったほどの量は食べられないのです。実際のところ、元を取ろうと思ったら、それこそスポーツ選手並みの大食いをしなければならないでしょうから、あんまりお得とはいえないのが実際のところなんです。
付け加えると、食べ放題ということで「意地でも食べなければ」と無理矢理詰め込んでしまいがちになってしまうのもデメリットです。食べ放題に行ったときに、これを食べないと元が取れないから、お腹がパンパンでも食べてしまおうと考えたことがある人は多いのではないでしょうか。この無茶が原因で体調を崩してしまうことだってあるのです。お腹を壊せばしばらくは食事量を控えなくてはならなくなりますし、胃腸薬の代金もバカになりません。かえって使う必要のないお金を使う結果になってしまっています。
多人数でわいわいやるために食べ放題の飲食店に行くのならまだ分かりますが、ひとりで行って無理矢理元を取ってやろうなんて考えるのは、普通の人にはあまりオススメできるものではありません。欲張るといいことがないのは、食べることについても同じなのですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加