お問合せはこちら

飲食店等の分類について思ったこと。

食品衛生法の第3条に「食品等事業者」が規定されています。飲食店はその中の1つと考えられます。
何故「中の1つ」と言うかというと、製造・輸入をする者や、また器具や容器に関係する事業も「食品等事業者」に含まれるからです。
日本標準産業分類には、「大分類M-飲食店、宿泊業」の中に、「一般飲食店」、「遊興飲食店」が規定されています。
面白いと思うのは、「遊興— 」には「バー、キャバレー、ナイトクラブ」や「酒場、ビヤホール」の他に「料亭」という項目があるのですね。
「喫茶店」は「一般—」の中に分類されていますが、「料亭」は「遊興–」に含まれるんですね。実際に出される飲食物より付加価値が大きいものを「遊興」に分類しているんでしょうか。何か特別な楽しみ(付加価値)がなければ、原価よりもずっと高い金を払うはずが無い、と。
これは今自分が勝手に解釈しているだけですから、真に受けないでください。
「酒場、ビヤホール」という項目は、ビヤホールを酒場から分けている理由はなんでしょうか。ビールだけ特殊な分類になるとか・・。
「一般— 」の中の「すし店」に『(持ち帰り・出前専門店を除く) 』と補足されています。それを区別するのは分かる気がしますが、「すし店」以外で、持ち帰り専門だとどうなんでしょう。やはり除外されるのだとしたら、「すし店」以外には補足がないのは何故か?
例えばファーストフードのチェーンで、持ち帰り専門の店舗と、店内で座って食べられる店舗と二種類抱えるチェーンがありますが、この場合、それぞれで分類が異なるのでしょうか。
「一般—」「遊興—」と別に、「宿泊業」という項目があります。その中に「下宿業」があります。「下宿」は宿泊業なんですね。非常に長いスパンの宿泊ですね。
「旅館、ホテル」「簡易宿所」「下宿業 」「会社・団体の宿泊所」「リゾートクラブ」の他に、
「他に分類されない宿泊業」というのもありますが、どういう宿泊業でしょうね。


その地域の年代などを考えて飲食店を出したい

大学が近い場所なら、大学生が食べたくなる料理を出せる飲食店を開くことがポイントです。大学生はボリュームがあって、しかも安い料理を好みます。ナポリタンやグラタン、カレーライスなどがとても人気です。そういった料理を1,000円以下で出せる飲食店を開けば、毎日のようにお客となる大学生が来るものです。

近くに病院がある所ならば、看護士や医者が好きそうな料理を出す飲食店が最適です。こってりしているステーキなどよりも、ハンバーグの方が人気が出るでしょう。チーズでギトギトする料理よりも、煮魚料理を出す方が人気が出るものです。

ナポリタンよりはタラコスパゲッティを、フライもトンカツよりはホタテフライやエビフライの方が医者や看護士は食べやすいものです。その年代のことや仕事内容を考えて、食べやすい料理を提供できるお店を考えるのが大切なのです。

お年寄りが多い地域では、魚料理を出すお店が人気が出ます。でも、夏場は刺身でもいいですが、冬は体が冷えるので、魚も煮魚にしたり、焼いて出すのがポイントです。煮物なども添えたり、塩分の薄いお味噌汁なども考えたいところです。

若い女性が多い地域ならば、魚介類や野菜を使った料理を出すのがポイントです。少し甘みが強く、濃厚な乳製品を使っている料理が人気が出ます。

味というのは実に大切で、その世代によってもその味の好き嫌いがあります。若い人が多いなら味を濃く、お年寄りが多いなら味を薄めにするのも大切なのです。

やはり、人気の出る飲食店というものは、少ない数の限られた料理ばかり出すのではなく、ある程度の数のあるお店の方が人気が出ます。洋食レストランでもフライからスパゲッティ、ハンバーグやグラタンなどのレパートリーが多い方がより人気が出ます。

又、ケーキやパフェなどのスイーツも揃えた方が、より人気が出ます。あまり拘りすぎず、シンプルで普通の料理でいいのです。あとは味が美味しいと思えば、広告など出さなくてもお客が来ます。


激安飲食店の価格競争に耐えるためには

駅周辺には立ち食いそばのお店がいくつも並んでいることがあります。座って落ち着いて食べるのではなく、ちょっとした時間にサッと食事を済ませたい人達には便利なお店であるとして店舗数が増えているのですが、果たして利益が十分に出ているのかどうかは疑問になる場合があります。

それは、立ち食い状態でお店を経営しているため、ある程度価格を安くしないとお客さんが集まってこないのです。そのメニューを見てみると原価から少しばかりの利益を上乗せしただけの価格設定である飲食店が多いのです。

駅周辺の土地は高いため、そのあたりも考慮してメニューの代金を考えて行かないとうまく経営して事は難しいと考えられます。飲食店は、お客さんが集まらないとお金を回転させることができないため、話題を集める為に激安メニューを設定することが多くあります。

しかし、そうすると激安メニューばかりを食べるお客さんが集まるようになり、かえってお店全体の売り上げが下がってしまう可能性もあるのです。そのあたりを考慮しながら、メニューの価格を決めていく必要があるのです。

外食をしているのに、500円玉を払っておつりが来るようなお店の場合、かなりの回転数を稼がないと利益を出す事が難しいのです。かけそばを300円未満で提供しているようなお店は、相当な回転率を見込んでいるということになるのです。

このような飲食店の厳しい状況は、ライバル店がどんどん出店することによって更に激化で行きます。ある程度ライバル店が出店してくると、その次は耐えられなくなって消えていくお店が増えていくのです。

このようにして、淘汰されていくのですが、このような厳しい中でもこらえて営業を継続させるモチベーションが大事になってきます。


繁盛する飲食店になるための方法や接客の大事さ

飲食店は繁盛するかしないかによって大きく儲けが変わってきますが、にぎわいを見せているお店は、店主さんや店員さんの接客態度が非常に良かったり、一見さんのお客さんだけではなく、ある程度常連客やリピーターがいらっしゃるケースが大半であると言えます。
初めてお店へ来てくれた人を店にもう一度呼び込むにあたっては、お店の料理の美味しさやバリエーションの広さなどももちろん大切なんですが、店自体の居心地の良さや快適さを慎重に見直すようにしたり、お客さんへの言葉遣いや態度や愛想の良さなど、接客を重視することが大切です。
タバコを嫌がる人が多いので、お店を禁煙にしたり、きっちり分煙したりするのも良いですし、居酒屋系など長居されるお客さんが多いお店では、仕切りを充実させたり、個室を作るなどして、ゆったりとお客さんにくつろいでリラックスしてもらうための工夫や配慮をするのもおすすめです。
また、いくら料理が良くても、店員の感じが悪いと客足は遠のいてしまうので、オーナーや店主のみならず、他のバイトや社員に対してもしっかりマナー教育を実践したり、客への応対や受け答えに対してマニュアルを作成しておくようにしたりと、失礼のない接客を執り行うことも欠かせません。
飲食店は企業同士の接待や、上司や知人同士の親睦を深める目的を果たすための場所として利用されるケースも多いですし、接客をぞんざいにしないことは極めて大事です。
個人的に好きな飲食店は、小さい規模である程度常連のお客さんがいて、アットホームな雰囲気のお店です。
店員さんと気さくに会話を楽しみながら軽くお酒を飲めたり、自分のよくオーダーするメニューや好みのメニューなどを理解してくれる店主さんがいるお店へ行くと、仕事の疲れも吹き飛びますし、常連客と会話するとリラックス出来たり、楽しい気分になることも多いです。
活気ある飲食店には常連の存在は必要なので、リピーターを増やす工夫をしたり、客の顔をなるべく覚えるようにするのもおすすめです。


リピーターとして利用したくなる飲食店の条件

 世の中には、本当にいろいろなタイプの飲食店があちこちにありますよね。私はいろいろな飲食店をめぐるのが好きで、休日はだいたいが飲食店で食事を済ませています。そうしていろいろな飲食店をめぐっていくと、もう1度繰り返し利用したくなる飲食店というのが出てくるんですよね。そこで、1回のみで終わってしまう飲食店か、それとも何度も利用したくなる飲食店かを決定付けるのは、いったい何なのかを真剣に考えてみました。その答えとして導き出されたのは、結局のところ利用しやすさ、居心地の良さなんだといいうことです。

 利用しやすさはその飲食店で出されているメニューと価格と立地によって決まりますね。また、居心地の良さはお店から醸し出される雰囲気、従業員や料理人の態度や接客、どういう客層なのかというところが影響してきます。これらすべての項目において平均を上回っていると、リピーターとして利用しやすくなりますね。反対にそれらのどれか1つでも大きくマイナスだったら、リピーターにはなり辛くなってしまいます。

 仮に料理もおいしくて値段も妥当だけど、店内が騒がしくて落ち着けない飲食店だったら、リピーターにはなり辛いです。ただ、これはあくまで私の場合に限ったことですから「賑やかなほうが良い」という人ならリピーターになれるかもしれませんね。つまり、人によってリピーターになる飲食店はまったく違うということです。

 私が今リピーターになっている飲食店は2つほど存在しています。その2つは私にとって非の打ちどころがほとんどない飲食店で、そういう飲食店を見つけてしまうと新規開拓をなかなかし辛くなってしまいますね。そのくらい私にとっては利用しやすくて居心地の良い飲食店です。

 ただ、そこばかり利用していたらさすがに新鮮味がありませんから、新規開拓をこれから改めてしていきたいですね。それを探し求めるのがまた楽しいわけですし、そこを目指してこれからも飲食店探しを励んでいきたいです。


デートで利用したい飲食店になる為に

話題になる飲食店の条件として、デートスポット等を紹介している雑誌に掲載される事です。美味しい食事を提供するお店の場合、口コミである程度話題になる事がありますが、デートで利用するお店であるかどうか?については微妙なお店が多いのです。

好きな人と一緒にリラックスして食事ができるというお店は、お店の立地条件も良ければ、お店の雰囲気とメニューも美味しかったりと良い事づくしとなるべきです。

ある程度のメニューを食べた後、追加で何かを注文しても対応してくれそうなお店が好まれるのです。そんな事から、通常のお店で提供しているメニューではなく、その店独自の美味しいメニューが置かれており、なおかつ気の利いたメニューを聞いても対応できるようなお店です。

このような条件で絞り込んでいくと、地元におすすめできるお店というのはそれほど多くない事が分かります。逆に飲食店を経営しようと考えている人は、お手本にするべきお店は週刊誌を見たり、ユーザーの口コミが掲載されているような掲示板を覗くことによって絞り込んで行く事ができるはずです。

飲食店をするときには、売り上げと経費のバランスを重視する必要があります。お店のレイアウトやインテリアなどに力を注ぐのも悪くないですが、最終的には経費ばかりがかさんでいけば、長期的にお店の運営ができなくなってしまいます。

そんな事から、経営のバランスを安定化させる事が大事であり、そこから話題集めのために新しいメニューを追加してみたり、店内をリフォームするなどの新しい考え方を取り入れて行きます。

美味しい食事をしたいと考えてる人達は、ある程度お店の雰囲気は気にならない人が多いのです。そんな事から、とても美味しいメニューでグルメな人達を集めるか、お店の雰囲気などを重視してデートスポットとして紹介されるようなお店を目指すか、もしくはどちらも狙うという方法があります。

このように、飲食店の経営においては様々なアプローチがあるのです。


野外イベントで街おこしを試みよう

 日本で人が集まりやすく活気のある地域といえば、東京、大阪、名古屋、京都、福岡、札幌などがあげられます。それらの地域は黙っていても人が集まりますし、観光という点において大成功している地域といえます。では、それ以外の地域はどうでしょうか?もちろん各自治体が頑張っているため盛り上がっている地域もありますが、そうではなくて過疎化に苦しみ閑散としてしまっている地域も少なくないです。大都市へ一極集中して人が集まるのはしかたのない面もありますが、このままではとてもアンバランスな国に日本はなってしまいます。そこで、各種街おこし、村おこしが行われているのですが、その中でも注目を集めやすいのはやはり野外イベントです。

 野外イベントが行われると、それに合わせて各種マスコミが取材にやってきたりします。新聞、雑誌、テレビなどそのメディアはさまざまですが、野外イベントに合わせてマスコミが取材をします。特にテレビの影響力はかなり大きく、ニュースや特集で取り上げられればその地域に対して人々の関心が高まります。人々の関心が高まれば次の旅行先の候補地としてピックアップされやすいですし、それが地域の活性化へとつながっていきます。

 それだけでは一過性の影響力しかありませんので焼け石に水なのかもしれませんが、それでも何も話題にならないよりかは良いです。そうして少しずつでも全国的に認知されていけば、観光客だけではなく移住者も多くなる可能性があります。そうすると日本全体がバランス良く活気付いていきますので、一極集中ではなくなります。

 その端緒として野外イベントはとても重要であり、なるべくインパクトを強くしていかなければならないです。それは奇祭や変わったコンテストなどなんでも良く、自由な発想で行ったほうが実は上手くいきやすいです。

 それを考えるとこれからの野外イベントは街おこしや村おこしでとても大切なポジションになりますし、だからこそ注目していきたいところです。


大規模な音楽ライブは私にとって毎年欠かせない野外イベント

私は毎年と言っていいほど夏は音楽の野外イベントに行っていて、普段からよくスマホとは別にデジタルオーディオプレイヤーを持ち歩きながら好きな曲を聴くことを楽しんでいる私は、そこが一番はじけることのできる場所なのです。開催場所が過疎地な上に何日間もやっているからその間はずっと泊りがけで参加しているのですが、今までちゃんとしたホテルで過ごしたことは一回あるかないかくらいで、いつもキャンプのような感じで会場の空いたスペースでテントを張っています。最初はこういう慣習にとまどったものの、今ではすっかり慣れてこれも楽しみのひとつみたいな感じに思っているから、アウトドアの知識もわりと豊富になりました。
一人で行くことはなく必ず友達か恋人と一緒ですし、広い敷地内にテントが並ぶスペースでも退屈さを感じないからあっという間に夜の時間が過ぎるのを感じてしまいます。でも何もないとはいえ暗くなっていてもお祭りの夜店のようにケータリングカーの並ぶ場所が近くにあるので、その辺りを歩いてにぎやかな雰囲気に包まれた空間を楽しむのもまた野外イベントの魅力だと思うのです。そんなときはなぜか昼間のライブで体力を使ったはずなのに全然疲れていないこともあり、ほとんど寝ずにだだっ広いイベント会場の隅から隅まで遊び歩いたりします。
もちろん次の日に行われるメインの野外イベントもそれ以上に楽しんでいて、私の好きなアーティストが出ないときでも意外と良い音楽に出会えてこの期間は様々な発見があるのです。一度、全然聴いたことのないアーティストばかりの年があって最初はテンションが上がりませんでしたが、会場を移動しながら色々聴いていくうちに好みのジャンルじゃなくても良い曲が見つかることも少なくなく、野外イベントがきっかけでファンになったりもしました。ワンマンライブもいいけれど幅広いアーティストが集まってライブをするのもコラボなどの要素があってとても面白いから、これからも毎年欠かさず夏は予定を空けて行くと思います。


子供をドキドキさせて集めることができる野外イベントを企画

子供向けの野外イベントを企画する会社なら、楽しい大道芸を安く頼めたり、バルーンアートを面白くしてくれるスタッフを気軽に頼むことができて便利です。

子供がよりたくさん来るようにしたい野外イベントでは、そんな色々な芸で子供を楽しませてくれる大道芸人が来るのが一番です。

それに、バルーンアートができれば、より子供を楽しませることができちゃいます。素敵な動物の形にしたり、ハートマークにしたりできると、より子供は楽しいものです。それを無料で配ったりすると、ますます家族も嬉しくなります。

目の前で行うパフォーマンスは実に魅了的です。ちょっとユニークなメイクとファッションをした芸人がやれば、かなり受けるでしょう。

全国に派遣することができるスマイルエンターテイメントなら、公園でもちょっとした広場にでも訪れます。そして、子供にチョコチョコっと近寄ってはサッサっと素敵な芸を見せてくれるのです。

なかなか見れない皿回しのコツを教えてくれる教室を行ったり、楽しくてドキドキするマジックショー、面白くて子供が大好きなデジタル紙芝居なども行います。懐かしくて子供を素敵な気分にする紙芝居ジャグラーやワクワクするパントマイムでより子供のハートを掴みます。マジックショーの作り方まで教わることができ、ますます子供も大人も楽しめちゃうのです。

楽しい音楽に合わせてダンサーがよりその場の雰囲気を盛り上げますし、ファイスペインターや紙切り師なども楽しく子供を盛り上げます。

ピエロのほっほさんショーが1番子供には人気です。赤い鼻でテクテク歩く姿で子供を喜ばせます。

1回あたりの派遣の料金は60,000円からとなります。リーズナブルでかなり盛り上がるので、子供をたくさん呼びたい野外イベントに最適です。

一緒に行く親も一緒に楽しめるようなこれらのパフォーマンスを行えば、もっと多くの人を呼ぶことができます。親は子供を連れてさらに友人を誘って来るでしょう。


ケータリングカーオーナーとして業者を利用する

イベントなどが各地で定期的に開催されることになりますが、そうしたイベントの際にあるとよいのがお店であり、お祭りのような気分になっていますので仮設のお店や軽い食事ができるちょっとしたものがあるとより盛り上がり、子供たちを含め家族連れに喜ばれます。それはアイスクリームかもしれませんし、たこ焼き、クレープかもしれません。またキャンディなども子供たちには人気になります。その点でとても盛り上げてくれるのがケータリングカーというものであり、イベントのニーズを満たしてくれます。移動販売車ですのでどこにでも要請に応じてそうしたイベント会場にお店を出す事ができるのであり、その点でとても便利なのです。

とはいえ、そうしたイベントでの要請というのはある代理をする業者がいて、その業者を通して集められることが少なくありません。それでケータリングカーのオーナーとして仕事をしているのであれば、そうした業者に登録してイベントその他、お店を出すことができる情報を得ることができるような体制にすることができるのです。登録するためには費用がかかりますし、毎月一定額を支払うことが必要になるかもしれませんが、それでも仕事が入ってくるということでそれは魅力なのです。定期的にそうした業者を通して知らされる募集のイベント情報をキャッチしてそこにお店を出すことができるように働きかけていくことができるのです。

ケータリングカーはいろいろなところにお店を出せるというのは最大のメリットです。場所を変えることで仕事の気分が変わりますし、変化に富んだ仕事ができるということでとても面白いのです。特にイベント会場にお店を出すことができれば飛ぶように売れることになり、その利益はかなりのものになりますので、ケータリングカー関係での業者とつながっておくということはとても大切です。長くこの仕事を続けるために、ビジネスチャンスを掴めるような状況を作ることができるのです。


1 2 3 4 5