お問合せはこちら

ケータリングカーで商売をするならSNS活用は必須です

ケータリングカーで商売をする場合、安定した売り上げを確保するのはなかなかに難しいものがあります。それは、固定した場所で商売ができない可能性があることと、目利きに失敗すれば誰も寄り付かない店になる可能性があるためです。

新規開店したケータリングカーがテレビや雑誌で取り上げられるようになるには、ある程度有名になる必要がありますが、流行になるケータリングカーとはどんなお店でしょうか。
テレビで取り上げられるお店というのは、今までなかった物を販売しているお店です。日本にはなかった味を自ら考案して販売していたり、既存の物に手を加えてオリジナルの味を開発したりなど、他者とは違ったものを販売しているお店が取り上げられたりするのです。

ケータリングカーで販促を行う場合は、インターネットを活用するのが必須です。お店のSNSアカウントとWEBサイトを開設するのは、今や常識になっています。路面店のように、いつでも看板を掲げている形のお店ではないため、商売をしている場所、時間帯を周知するにはインターネットが一番効果的でもあるからです。

SNSの役割は、口コミ効果を狙うところにあります。誰かがお店で販売している物を食べ、その感想をSNSに投稿したところ、それが瞬く間に拡散し、誰もが知るようなお店になるというのは、現代ではありえる現象になっています。また、SNSをうまく活用することでお客さんとコミュニケーションもとれ、リアクションが上手い人であれば、店主が面白いお店としても有名になる可能性があります。

お店のWEBサイトを開設しておくと便利な点は、店の基本情報を見える形で残せておける点にあります。営業時間は何時で、何日から何日まではどこどこに出店など、SNSなどの口コミで興味を持ってくれた人に対して、正確な情報を伝えられる場となるため、宣伝効果は十分に狙えるものなのです。

これから新規開店でお店を開店したいと思っている人は、どこにも売っていない物を売ることと、インターネットを有効活用する戦略を取れば、ある程度の売り上げは確保できるようになると言えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加