お問合せはこちら

飲食店の仕事の概要とスタッフの大変さ

飲食店の仕事は、大まかにお客様と接客をするホールのスタッフと料理を作るスタッフに分かれます。ホールや座敷などで行う仕事に関して、挨拶をした後にお客様をテーブルに案内したり、料理の注文を承ったり、配膳をする業務を主に行います。来店されたお客様に座敷に案内したり、お客様が多い時には走りながら配膳を行う大変さがあります。帰られた時にはテーブルの周辺の清掃を素早く行ったり、食器を洗うなどの業務を行います。
飲食店の料理の担当は、注文されたメニューを作る仕事が主ですが、食器を洗うなどの付随的な業務も担当します。来店の数が多いと待たせないために素早く料理を作る事が求められて、美味しい料理を素早く作る大変さが特徴です。料理とホールの担当は、原則的に業務の間は立ち作業ですので、長時間の立ち作業に耐えられる体力が必要です。
飲食店のホールを担当するスタッフは、店内に置いてあるテーブルの番号を理解して、指示された番号の所に素早く持っていく事が求められます。対面するまで通路を歩く場合には、印象良い歩き方を心掛けなければならないです。お客様とすれ違う際にも正しい敬語で挨拶をして、店内のスタッフとコミュニケーションを積極的に取る事が業務を円滑にします。業務が未経験の場合は、予め研修で接客を学んだり、テーブルの番号の位置を覚えさせられる事が多いです。注文の際はメニューを間違わない事が基本で、様々な研修で学んでいるうちはメモを行いながら業務を覚えているスタッフが殆どです。
業務の際には笑顔で接客を行っている事が基本で、立ち作業などに耐えながら印象良く対応する事が大変です。最近は飲食店が経費を削減する傾向で、ホールのスタッフを入れないで食券で対応している所も多くなっています。店舗によっては料理の担当がホールと料理を担当しながら営業している所もあります。料理をしながら配膳をする事が多いので、来店する人が多いほど仕事が大変になる傾向です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加