お問合せはこちら

繁盛する飲食店になるための方法や接客の大事さ

飲食店は繁盛するかしないかによって大きく儲けが変わってきますが、にぎわいを見せているお店は、店主さんや店員さんの接客態度が非常に良かったり、一見さんのお客さんだけではなく、ある程度常連客やリピーターがいらっしゃるケースが大半であると言えます。
初めてお店へ来てくれた人を店にもう一度呼び込むにあたっては、お店の料理の美味しさやバリエーションの広さなどももちろん大切なんですが、店自体の居心地の良さや快適さを慎重に見直すようにしたり、お客さんへの言葉遣いや態度や愛想の良さなど、接客を重視することが大切です。
タバコを嫌がる人が多いので、お店を禁煙にしたり、きっちり分煙したりするのも良いですし、居酒屋系など長居されるお客さんが多いお店では、仕切りを充実させたり、個室を作るなどして、ゆったりとお客さんにくつろいでリラックスしてもらうための工夫や配慮をするのもおすすめです。
また、いくら料理が良くても、店員の感じが悪いと客足は遠のいてしまうので、オーナーや店主のみならず、他のバイトや社員に対してもしっかりマナー教育を実践したり、客への応対や受け答えに対してマニュアルを作成しておくようにしたりと、失礼のない接客を執り行うことも欠かせません。
飲食店は企業同士の接待や、上司や知人同士の親睦を深める目的を果たすための場所として利用されるケースも多いですし、接客をぞんざいにしないことは極めて大事です。
個人的に好きな飲食店は、小さい規模である程度常連のお客さんがいて、アットホームな雰囲気のお店です。
店員さんと気さくに会話を楽しみながら軽くお酒を飲めたり、自分のよくオーダーするメニューや好みのメニューなどを理解してくれる店主さんがいるお店へ行くと、仕事の疲れも吹き飛びますし、常連客と会話するとリラックス出来たり、楽しい気分になることも多いです。
活気ある飲食店には常連の存在は必要なので、リピーターを増やす工夫をしたり、客の顔をなるべく覚えるようにするのもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加