お問合せはこちら

外国のお店を日本に出店する

日本人は、アジア諸国にリーズナブルな価格で旅行に行くことが可能なので、美味しい飲食店を回ることをメインにしたツアーに参加することがあります。

基本的には、文化遺産や観光地などを回る旅行となるのですが、最も楽しめるのはその地域の郷土料理を食べることです。いつもとは違ったメニューでありながら、日本人に好評なお店に行くツアーになるため、ほとんどの場合は好評となるメニューが出てくるのです。

その様なメニューを食べるようになってくると、日本でも同じような飲食店を探すことが多くなります。本場のお店が近隣にもあれば、食べ比べてみようと思うのです。

日本で話題になったことが分かれば、外国の飲食チェーン店が、日本に出店する可能性があります。その場合現地のスタッフが日本でメニューを作る場合が多いので、完全に本場の味を再現することができるのです。

このような、日本にはない独特の味を提供する飲食店の場合、他のライバル店が真似することができない事から、長期的に人気のあるお店となる可能性があります。

私たちは、毎日食べているような食事と同じような物を外食では選ばない傾向にあったり、過去に食べたことがあるメニューよりも、見たことがないメニューを試してみたいと思う事が多いのです。

旅行に行く場合にも、日常生活とは違ったものを見て楽しみたいと思う欲求があるからです。その意味でも、独特のメニューを提供している飲食店が近隣にオープンすると、とりあえずどのような味であるか確かめに行きたくなります。

小さい頃から食べ慣れた味ではないので、そのメニューがほんとに美味しいものなのかどうかは判断に迷うメニューがあります。しかし、それらをラインやブログなどで紹介し、情報拡散することによって、次々とその店に訪れるお客さんが増えるのです。

このような良い循環になる可能性があるので、そのお店独自のメニューを提供する飲食店を出店するのはメリットが大きいのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加