お問合せはこちら

飲食店etc 一覧

飲食店の仕事の概要とスタッフの大変さ

飲食店の仕事は、大まかにお客様と接客をするホールのスタッフと料理を作るスタッフに分かれます。ホールや座敷などで行う仕事に関して、挨拶をした後にお客様をテーブルに案内したり、料理の注文を承ったり、配膳をする業務を主に行います。来店されたお客様に座敷に案内したり、お客様が多い時には走りながら配膳を行う大変さがあります。帰られた時にはテーブルの周辺の清掃を素早く行ったり、食器を洗うなどの業務を行います。
飲食店の料理の担当は、注文されたメニューを作る仕事が主ですが、食器を洗うなどの付随的な業務も担当します。来店の数が多いと待たせないために素早く料理を作る事が求められて、美味しい料理を素早く作る大変さが特徴です。料理とホールの担当は、原則的に業務の間は立ち作業ですので、長時間の立ち作業に耐えられる体力が必要です。
飲食店のホールを担当するスタッフは、店内に置いてあるテーブルの番号を理解して、指示された番号の所に素早く持っていく事が求められます。対面するまで通路を歩く場合には、印象良い歩き方を心掛けなければならないです。お客様とすれ違う際にも正しい敬語で挨拶をして、店内のスタッフとコミュニケーションを積極的に取る事が業務を円滑にします。業務が未経験の場合は、予め研修で接客を学んだり、テーブルの番号の位置を覚えさせられる事が多いです。注文の際はメニューを間違わない事が基本で、様々な研修で学んでいるうちはメモを行いながら業務を覚えているスタッフが殆どです。
業務の際には笑顔で接客を行っている事が基本で、立ち作業などに耐えながら印象良く対応する事が大変です。最近は飲食店が経費を削減する傾向で、ホールのスタッフを入れないで食券で対応している所も多くなっています。店舗によっては料理の担当がホールと料理を担当しながら営業している所もあります。料理をしながら配膳をする事が多いので、来店する人が多いほど仕事が大変になる傾向です。


好きな飲食店に通い顔を覚えられたことで受けられるサービス

自分の場合、好きな飲食店を発見してその味にハマッてしまうと、3日連続で通うなどしてしまうタイプです。そういうことをしているものですから、お気に入りのお店では割とどこでも店員さんに顔を覚えられてしまいます。好きな飲食店で店員さんに顔を覚えられると、いろいろと話しかけてきてくれたりするのですが、お店によってはサービスとして普通のメニューには載っていないものを出してくれたりすることがあります。とあるお店では、まだお店では出していないメニューで開発中だけど試しに食べてみてほしいということで出してくれた料理がありました。そういった裏メニューを出してくれると本当にうれしくなります。初めてそういう体験をした時に出されたものは、出された段階で普通に注文していたものをほとんど食べ終えた頃に出てきたということもあって、正直に言うとそんなに美味しくはなかったのです。それが顔に出てしまったのでしょうか、店員さんも「ちょっと合わなかったかな」といったようなことを言ってました。それでも関係は崩れるということはなくそのお店には通ってますし、なかなか行けない時には冷凍になっているものが販売されているのでそれを買いだめして食べているくらいです。ちなみにその時に出された試作品ですが、その後にメニューに載っていました。ただし自分は好みでいつも頼んでいるメニューがあるため、その新作を試したことはありません。あの時試作の段階で食べた味と比べてどうなったのか気になるところではありますが。
また別のお店では、まかない料理のようなものを出してもらったことがあります。それももちろん正式なメニューには載ってないものです。そこで出しているものは割とコテコテのメニューなので、店員さんがまかないで食べているものはどういうものなのか気になるところですが、出してもらったのはそんなにコテコテではなく、わりとあっさりしていてしかも野菜を使ったものでした。店員さんも健康に気を使っているのでしょうか。
今後新しく好きな飲食店ができて、連続で通って店員さんに顔を覚えられた時に、またまかないとか裏メニューのようなものを出してくれるかどうか楽しみです。


野外イベントしてのビールイベント

自宅からあまり遠くない場所で、一年中野外イベントをやっています。土日を中心とした休みには何もやらないことが珍しいくらいです。人が集まりやすい場所であるので、色々な切り口でイベントをやっているですが、その中でも人気のあるのはやはり食べ物系のイベントであるようです。
私もそこそこの頻度でそれらの野外イベントに参加しますが、興味を惹かれるのはやなり食べ物系のイベントです。その食べ物系のイベントの中でも特に興味があるのはアルコール系でそのアルコール系の中でもビールのイベントで、開催される時にはほとんど参加しているといっていいでしょう。
ビールのイベント自体はそれほど頻繁にやっているわけではありませんが、ある程度の頻度でイベントを開催することを考えればかなり人気があるということになるでしょう。
私が野外イベントのビールのイベントが好きなのは、ビールは野外でいただくのにとても適していると感じるからです。特に天気が良く、太陽が顔を出しているような時間で、ちょっとしたおつまみとともに芝生の上でビールをいただくのは何とも爽快です。おまけにビールのイベントではつきものといっていいような陽気な音楽やパフォーマンスを同時に開催していることがおおく、ビールのアルコールでいい気分になっているテンションをさらにパフォーマンスで上げてくれます。気分がハイになって、とても楽しい気分になって野外イベントを楽しんでいる自分がいるのです。
それにビールイベントではもちろん、普段はあまり飲めないのような珍しいビールやおつまみもそれらのビールに合うようなものを厳選しているので、それをいただくのも楽しみです。
主なものではクラフトビールのイベントと海外のビールのイベントでありますが、どのようなビールのイベントでも楽しくなれるのは確実なので、これからもビールの野外イベントがあれば、ぜひ参加しようと思っています。ただちょっと冬場だけは勘弁してほしいと思いますが。


飲食店等の分類について思ったこと。

食品衛生法の第3条に「食品等事業者」が規定されています。飲食店はその中の1つと考えられます。
何故「中の1つ」と言うかというと、製造・輸入をする者や、また器具や容器に関係する事業も「食品等事業者」に含まれるからです。
日本標準産業分類には、「大分類M-飲食店、宿泊業」の中に、「一般飲食店」、「遊興飲食店」が規定されています。
面白いと思うのは、「遊興— 」には「バー、キャバレー、ナイトクラブ」や「酒場、ビヤホール」の他に「料亭」という項目があるのですね。
「喫茶店」は「一般—」の中に分類されていますが、「料亭」は「遊興–」に含まれるんですね。実際に出される飲食物より付加価値が大きいものを「遊興」に分類しているんでしょうか。何か特別な楽しみ(付加価値)がなければ、原価よりもずっと高い金を払うはずが無い、と。
これは今自分が勝手に解釈しているだけですから、真に受けないでください。
「酒場、ビヤホール」という項目は、ビヤホールを酒場から分けている理由はなんでしょうか。ビールだけ特殊な分類になるとか・・。
「一般— 」の中の「すし店」に『(持ち帰り・出前専門店を除く) 』と補足されています。それを区別するのは分かる気がしますが、「すし店」以外で、持ち帰り専門だとどうなんでしょう。やはり除外されるのだとしたら、「すし店」以外には補足がないのは何故か?
例えばファーストフードのチェーンで、持ち帰り専門の店舗と、店内で座って食べられる店舗と二種類抱えるチェーンがありますが、この場合、それぞれで分類が異なるのでしょうか。
「一般—」「遊興—」と別に、「宿泊業」という項目があります。その中に「下宿業」があります。「下宿」は宿泊業なんですね。非常に長いスパンの宿泊ですね。
「旅館、ホテル」「簡易宿所」「下宿業 」「会社・団体の宿泊所」「リゾートクラブ」の他に、
「他に分類されない宿泊業」というのもありますが、どういう宿泊業でしょうね。


その地域の年代などを考えて飲食店を出したい

大学が近い場所なら、大学生が食べたくなる料理を出せる飲食店を開くことがポイントです。大学生はボリュームがあって、しかも安い料理を好みます。ナポリタンやグラタン、カレーライスなどがとても人気です。そういった料理を1,000円以下で出せる飲食店を開けば、毎日のようにお客となる大学生が来るものです。

近くに病院がある所ならば、看護士や医者が好きそうな料理を出す飲食店が最適です。こってりしているステーキなどよりも、ハンバーグの方が人気が出るでしょう。チーズでギトギトする料理よりも、煮魚料理を出す方が人気が出るものです。

ナポリタンよりはタラコスパゲッティを、フライもトンカツよりはホタテフライやエビフライの方が医者や看護士は食べやすいものです。その年代のことや仕事内容を考えて、食べやすい料理を提供できるお店を考えるのが大切なのです。

お年寄りが多い地域では、魚料理を出すお店が人気が出ます。でも、夏場は刺身でもいいですが、冬は体が冷えるので、魚も煮魚にしたり、焼いて出すのがポイントです。煮物なども添えたり、塩分の薄いお味噌汁なども考えたいところです。

若い女性が多い地域ならば、魚介類や野菜を使った料理を出すのがポイントです。少し甘みが強く、濃厚な乳製品を使っている料理が人気が出ます。

味というのは実に大切で、その世代によってもその味の好き嫌いがあります。若い人が多いなら味を濃く、お年寄りが多いなら味を薄めにするのも大切なのです。

やはり、人気の出る飲食店というものは、少ない数の限られた料理ばかり出すのではなく、ある程度の数のあるお店の方が人気が出ます。洋食レストランでもフライからスパゲッティ、ハンバーグやグラタンなどのレパートリーが多い方がより人気が出ます。

又、ケーキやパフェなどのスイーツも揃えた方が、より人気が出ます。あまり拘りすぎず、シンプルで普通の料理でいいのです。あとは味が美味しいと思えば、広告など出さなくてもお客が来ます。


激安飲食店の価格競争に耐えるためには

駅周辺には立ち食いそばのお店がいくつも並んでいることがあります。座って落ち着いて食べるのではなく、ちょっとした時間にサッと食事を済ませたい人達には便利なお店であるとして店舗数が増えているのですが、果たして利益が十分に出ているのかどうかは疑問になる場合があります。

それは、立ち食い状態でお店を経営しているため、ある程度価格を安くしないとお客さんが集まってこないのです。そのメニューを見てみると原価から少しばかりの利益を上乗せしただけの価格設定である飲食店が多いのです。

駅周辺の土地は高いため、そのあたりも考慮してメニューの代金を考えて行かないとうまく経営して事は難しいと考えられます。飲食店は、お客さんが集まらないとお金を回転させることができないため、話題を集める為に激安メニューを設定することが多くあります。

しかし、そうすると激安メニューばかりを食べるお客さんが集まるようになり、かえってお店全体の売り上げが下がってしまう可能性もあるのです。そのあたりを考慮しながら、メニューの価格を決めていく必要があるのです。

外食をしているのに、500円玉を払っておつりが来るようなお店の場合、かなりの回転数を稼がないと利益を出す事が難しいのです。かけそばを300円未満で提供しているようなお店は、相当な回転率を見込んでいるということになるのです。

このような飲食店の厳しい状況は、ライバル店がどんどん出店することによって更に激化で行きます。ある程度ライバル店が出店してくると、その次は耐えられなくなって消えていくお店が増えていくのです。

このようにして、淘汰されていくのですが、このような厳しい中でもこらえて営業を継続させるモチベーションが大事になってきます。


繁盛する飲食店になるための方法や接客の大事さ

飲食店は繁盛するかしないかによって大きく儲けが変わってきますが、にぎわいを見せているお店は、店主さんや店員さんの接客態度が非常に良かったり、一見さんのお客さんだけではなく、ある程度常連客やリピーターがいらっしゃるケースが大半であると言えます。
初めてお店へ来てくれた人を店にもう一度呼び込むにあたっては、お店の料理の美味しさやバリエーションの広さなどももちろん大切なんですが、店自体の居心地の良さや快適さを慎重に見直すようにしたり、お客さんへの言葉遣いや態度や愛想の良さなど、接客を重視することが大切です。
タバコを嫌がる人が多いので、お店を禁煙にしたり、きっちり分煙したりするのも良いですし、居酒屋系など長居されるお客さんが多いお店では、仕切りを充実させたり、個室を作るなどして、ゆったりとお客さんにくつろいでリラックスしてもらうための工夫や配慮をするのもおすすめです。
また、いくら料理が良くても、店員の感じが悪いと客足は遠のいてしまうので、オーナーや店主のみならず、他のバイトや社員に対してもしっかりマナー教育を実践したり、客への応対や受け答えに対してマニュアルを作成しておくようにしたりと、失礼のない接客を執り行うことも欠かせません。
飲食店は企業同士の接待や、上司や知人同士の親睦を深める目的を果たすための場所として利用されるケースも多いですし、接客をぞんざいにしないことは極めて大事です。
個人的に好きな飲食店は、小さい規模である程度常連のお客さんがいて、アットホームな雰囲気のお店です。
店員さんと気さくに会話を楽しみながら軽くお酒を飲めたり、自分のよくオーダーするメニューや好みのメニューなどを理解してくれる店主さんがいるお店へ行くと、仕事の疲れも吹き飛びますし、常連客と会話するとリラックス出来たり、楽しい気分になることも多いです。
活気ある飲食店には常連の存在は必要なので、リピーターを増やす工夫をしたり、客の顔をなるべく覚えるようにするのもおすすめです。


リピーターとして利用したくなる飲食店の条件

 世の中には、本当にいろいろなタイプの飲食店があちこちにありますよね。私はいろいろな飲食店をめぐるのが好きで、休日はだいたいが飲食店で食事を済ませています。そうしていろいろな飲食店をめぐっていくと、もう1度繰り返し利用したくなる飲食店というのが出てくるんですよね。そこで、1回のみで終わってしまう飲食店か、それとも何度も利用したくなる飲食店かを決定付けるのは、いったい何なのかを真剣に考えてみました。その答えとして導き出されたのは、結局のところ利用しやすさ、居心地の良さなんだといいうことです。

 利用しやすさはその飲食店で出されているメニューと価格と立地によって決まりますね。また、居心地の良さはお店から醸し出される雰囲気、従業員や料理人の態度や接客、どういう客層なのかというところが影響してきます。これらすべての項目において平均を上回っていると、リピーターとして利用しやすくなりますね。反対にそれらのどれか1つでも大きくマイナスだったら、リピーターにはなり辛くなってしまいます。

 仮に料理もおいしくて値段も妥当だけど、店内が騒がしくて落ち着けない飲食店だったら、リピーターにはなり辛いです。ただ、これはあくまで私の場合に限ったことですから「賑やかなほうが良い」という人ならリピーターになれるかもしれませんね。つまり、人によってリピーターになる飲食店はまったく違うということです。

 私が今リピーターになっている飲食店は2つほど存在しています。その2つは私にとって非の打ちどころがほとんどない飲食店で、そういう飲食店を見つけてしまうと新規開拓をなかなかし辛くなってしまいますね。そのくらい私にとっては利用しやすくて居心地の良い飲食店です。

 ただ、そこばかり利用していたらさすがに新鮮味がありませんから、新規開拓をこれから改めてしていきたいですね。それを探し求めるのがまた楽しいわけですし、そこを目指してこれからも飲食店探しを励んでいきたいです。


デートで利用したい飲食店になる為に

話題になる飲食店の条件として、デートスポット等を紹介している雑誌に掲載される事です。美味しい食事を提供するお店の場合、口コミである程度話題になる事がありますが、デートで利用するお店であるかどうか?については微妙なお店が多いのです。

好きな人と一緒にリラックスして食事ができるというお店は、お店の立地条件も良ければ、お店の雰囲気とメニューも美味しかったりと良い事づくしとなるべきです。

ある程度のメニューを食べた後、追加で何かを注文しても対応してくれそうなお店が好まれるのです。そんな事から、通常のお店で提供しているメニューではなく、その店独自の美味しいメニューが置かれており、なおかつ気の利いたメニューを聞いても対応できるようなお店です。

このような条件で絞り込んでいくと、地元におすすめできるお店というのはそれほど多くない事が分かります。逆に飲食店を経営しようと考えている人は、お手本にするべきお店は週刊誌を見たり、ユーザーの口コミが掲載されているような掲示板を覗くことによって絞り込んで行く事ができるはずです。

飲食店をするときには、売り上げと経費のバランスを重視する必要があります。お店のレイアウトやインテリアなどに力を注ぐのも悪くないですが、最終的には経費ばかりがかさんでいけば、長期的にお店の運営ができなくなってしまいます。

そんな事から、経営のバランスを安定化させる事が大事であり、そこから話題集めのために新しいメニューを追加してみたり、店内をリフォームするなどの新しい考え方を取り入れて行きます。

美味しい食事をしたいと考えてる人達は、ある程度お店の雰囲気は気にならない人が多いのです。そんな事から、とても美味しいメニューでグルメな人達を集めるか、お店の雰囲気などを重視してデートスポットとして紹介されるようなお店を目指すか、もしくはどちらも狙うという方法があります。

このように、飲食店の経営においては様々なアプローチがあるのです。


1 2