お問合せはこちら

飲食店etc 一覧

ケータリングカーでラーメン販売

私の夢はラーメン屋を開くことです。今はサラリーマンをやっていますが、いつかは絶対自分の店を持ちたいと思っています。そのためにも連日のように自宅でラーメン研究に励んできました。そして、最近になってようやく人前に出してもいいかもと思えるようなスープが完成したので、思い切ってラーメン屋台を始めてみることにしました。平日の昼間は働いているので、休日の夜だけ出店するサラリーマンの副業としてのラーメン屋台です。土日の夜だけ近所の河川敷にケータリングカーで店を出して、お客さんの反応を確かめています。

私が作るラーメンは豚骨ラーメンです。私はもともと九州生まれの人間なので、もちろん九州流の濃厚な豚骨ラーメンです。今は他県に住んでおりますが、幼少の頃から親しんできた九州とんこつの伝統は私の血肉に染み込んでいます。ラーメンといえばとんこつ。これは絶対譲れない私のDNAとも言えます。そんな豚骨ラーメンを作るためには、本来ならば九州のお店で修行を積むべきなのでしょうが、仕事の関係上それができません。そのため、なんとか試行錯誤しながら、独学で自分の理想とするとんこつスープを作り上げてきました。サラリーマンの副業としてはなかなかの自信作です。お客様がどういう感想を持ってくれるか楽しみでした。

そうして迎えたラーメン屋台初日。一番最初に訪れたお客は初老の紳士でした。只者ならぬ雰囲気を放っており、麺を茹でる私も思わず緊張してしまいます。そうして、差し出したラーメン。私の長年の努力が注ぎ込まれた自信作です。それを一口食べて、ご老人は言いました。「ふむ、よいとんこつじゃ。まだまだ甘いところはあるが、将来に期待が持てる」。そして、そっと名刺を差し出します。それを見て私は驚きました。なんと、このご老人、博多の伝説の名店の主だったのです。思わぬところで思わぬ知己を得て、私は思わずご老人の前に跪き、弟子入りを志願していました。そして、翌日、私は会社をやめました。もはやサラリーマンの副業としてのラーメン屋台ではなく、本気でラーメン屋を目指すことにしたのです。私の人生は、この偶然の縁で急展開したのです。精一杯頑張る所存です。


飲食店営業は、簡単そうで実は厳しい世界

脱サラしてやってみたい商売は、昔から飲食店オーナーが大人気です。その理由は、料理が好きだから、家族からおいしいとほめられるから、さまざまな料理を食べて舌が肥えているからなど甘い幻想のような感覚で、心機一転脱サラして挑戦しても、思ったほど売り上げが伸びず、借金がかさんで結局は店を畳んで、残ったのは借金だけという話は、ごまんとあります。

何故飲食店営業にチャレンジして失敗してしまうのでしょうか。飲食店を開業する場合は、保健所長の許可を必要とします。厚生労働省の統計によれば、全国には約142万件もの飲食店営業施設があります。このうち新規開業件数が15万8千件あり、廃業件数は16万2千件あるそうです。

つまり、飲食店営業施設は、約9年でほとんどの店が廃業し、廃業した施設とほぼ同じ数の飲食店が新たに新規オープンするという弱肉強食の厳しい世界であることが数字の上からわかります。
全国の飲食店のほぼ1割が、わずか1年で廃業に追い込まれるという世界で、脱サラしようなんて、甘すぎるということになるでしょう。

ですが、さほどおいしくもなく、さほどサービスもよくないし、衛生的でない飲食店が、時には大繁盛することがあるのも事実です。しかし、そういった飲食店は、芸能界で成功するような偶然の産物か、メディア戦略によるものだと考えられます。本当においしい飲食店には必ず客はつくものです。しかし、うわべだけの見かけは小洒落た店でも、お金を得ることが目的だけの飲食店はやがては消えていくものです。客は決してだませません。

よくあるケースは、最初の話題つくりの時は、材料を吟味し、下処理に膨大な時間をかけ、ひたすら研究し、本当においしい料理を提供します。しかし、客がつくようになると、初期の思い入れが無くなり、金儲けに走り、原材料費を下げ、味を落とし、料理に時間をかけないようになります。客を客として扱わなくなり、まるで食文化人のような顔で、客をあしらうようになると、その飲食店は終わりの始まりとなります。一度信用を無くした飲食店には、決して客は戻らないものです。それを勘違いして、店の内装を変え、メニューを一新しても客は戻らず、結果的には廃業に追い込まれるんのです。客はバカではありません。

真実一路で、誠心誠意を尽くして初めて、飲食店は長く愛され、営業を続けることができるのです。
安易な考えで、飲食店開業に夢を見ることは努々考えてはなりません。


外国のお店を日本に出店する

日本人は、アジア諸国にリーズナブルな価格で旅行に行くことが可能なので、美味しい飲食店を回ることをメインにしたツアーに参加することがあります。

基本的には、文化遺産や観光地などを回る旅行となるのですが、最も楽しめるのはその地域の郷土料理を食べることです。いつもとは違ったメニューでありながら、日本人に好評なお店に行くツアーになるため、ほとんどの場合は好評となるメニューが出てくるのです。

その様なメニューを食べるようになってくると、日本でも同じような飲食店を探すことが多くなります。本場のお店が近隣にもあれば、食べ比べてみようと思うのです。

日本で話題になったことが分かれば、外国の飲食チェーン店が、日本に出店する可能性があります。その場合現地のスタッフが日本でメニューを作る場合が多いので、完全に本場の味を再現することができるのです。

このような、日本にはない独特の味を提供する飲食店の場合、他のライバル店が真似することができない事から、長期的に人気のあるお店となる可能性があります。

私たちは、毎日食べているような食事と同じような物を外食では選ばない傾向にあったり、過去に食べたことがあるメニューよりも、見たことがないメニューを試してみたいと思う事が多いのです。

旅行に行く場合にも、日常生活とは違ったものを見て楽しみたいと思う欲求があるからです。その意味でも、独特のメニューを提供している飲食店が近隣にオープンすると、とりあえずどのような味であるか確かめに行きたくなります。

小さい頃から食べ慣れた味ではないので、そのメニューがほんとに美味しいものなのかどうかは判断に迷うメニューがあります。しかし、それらをラインやブログなどで紹介し、情報拡散することによって、次々とその店に訪れるお客さんが増えるのです。

このような良い循環になる可能性があるので、そのお店独自のメニューを提供する飲食店を出店するのはメリットが大きいのです。


安くお酒や料理を楽しむことができる

飲食店には、色々な形が存在しています。
まず、飲食店として、居酒屋は誰でも利用しやすくなっているので人気です。
居酒屋では、お酒とおつまみを食べることができ、サラリーマンにも利用されるお店となっています。
仕事で疲れを感じた後にお酒を飲むことで、ストレス解消を行えるようになり、次の日も元気で働くことが可能になってくるでしょう。
また、居酒屋では、地酒などの珍しいお酒を飲める点も魅力になっています。
一般に流通しているお酒は、飲みたいと思った時に飲むことができますが、地酒の場合には購入したり飲める場所が限られています。
珍しいお酒についても、居酒屋で飲むことができるので、お酒が大好きな方も十分満足できるようになるのです。
お酒にこだわりたい方は、利用するとよいでしょう。
また、居酒屋では美味しい料理を食べることができるので、食事やおつまみにこだわりたいときにも利用価値が出てきます。
居酒屋で出されているメニューでは、高級な料理ではなく大衆的な料理になっているので、気兼ねなく食べていくことができます。
自宅でよく食べるような家庭的な料理の他に、郷土料理も食べることができるので、全国各地の料理を食べたいときにも適しているでしょう。
料理は、その場で調理して出してもらうことができるので、アツアツの状態で食べていくこともできます。
お酒を飲みながら、美味しい料理を食べていくことで、疲れを吹き飛ばしていくこともできるようになってきます。
飲食店の中でも、居酒屋はかかってくる料金も安くなっているので、いつでも利用していくことができます。
安い料金で家庭的な料理を食べたりお酒を飲んでいくことができるので、仕事が終わった後に利用してみたり、宴会として大人数で利用していくこともできるでしょう。
飲食店を利用したいときに、行きつけの居酒屋を見つけておけば、美味しいお酒や料理を安い値段で、いつでも食べていけるようになってきます。


気まぐれで入った飲食店が大当たりだととても嬉しい

私はある一定のお気に入りの定食屋というものを持っていません。定食屋自体はよく利用するのですが、全てが一期一会だと思っていて、二度利用したことがある定食屋は本当に少ないのです。毎日のように新しい定食屋を求めてお昼時の都内をふらついています。知人にこのような定食屋に対するこだわりを話すと、たいてい「お前はなんてこだわりの無いやつなんだ」といった反応を受けますが、私は全くの逆だと思っていて、私ほど定食屋にこだわりを持っている人間は少ないと思っているのです。
飲食店である定食屋にこだわりを持つというのはそもそもどういうことなのでしょうか?おそらく私を否定する人の意見はこうでしょう。「好きな定食屋を見つけたらそこにこだわって通い続けることだ」。確かにこの意見も一理あるでしょう。ですがそれはある特定の定食屋にこだわっているというだけの話で、飲食店としての定食屋そのものにこだわっているわけではないと思うのです。私の意見としてはこうです。「定食屋そのものにこだわるからこそ、日本中のいろいろな定食屋を利用して回りたい」。基本的な定食屋に対する捉え方が違うのです。
飲食店である定食屋とは一期一会であるといいましたが、だからこそ嬉しいこともあります。一期一会をモットーとしている場合、その出会い一つ一つを本当に楽しみにでき、また喜べるものです。偶然入った飲食店がとても美味しいものを提供してくれたり、サービスが良かったりするとなんだかとてもうれしくなってしまいます。ついつい次も通いたくなってしまいますが、そこはぐっと我慢して一期一会に納めるのです。そうすることで一つ一つの出会いがとても深く、また重みがまし大切なものにすることができます。私は飲食店である定食屋についてこのような考え方をしているというわけです。
この意見に対して意義を述べたい人は少なからずいるでしょう。ですがまずはそれを置いておいて、こういう人もいるんだなといった風に捉えておいてください。


「食べ放題」って本当にお得なの?

街中でよく見かける魅力的な言葉に「食べ放題」というのがあります。ある一定の金額を払えば、青天井で食べられるのですから、必ずしも給料が高いとはいえない若いサラリーマンにとっては魅力的ですよね。でも、実際のところ本当お得なのでしょうか。
そもそも、食べ放題といえども儲からないとお店が潰れてしまいますので、ちゃんと元が取れるシステムになっているのです。例えば焼き肉の場合は米国産など安く入手できる肉を使用していますし、その中でもバラなど比較的コストの低い部位を出しているのです。バイキングの場合も同じで、一つ一つの料理のコストは抑えられていますので、払った分の元はなかなか取れないようになっているのです。オーダー形式の場合は、注文して次がくるのを待っている間の時間でお腹がいっぱいになってしまうこともありますので、思ったほどの量は食べられないのです。実際のところ、元を取ろうと思ったら、それこそスポーツ選手並みの大食いをしなければならないでしょうから、あんまりお得とはいえないのが実際のところなんです。
付け加えると、食べ放題ということで「意地でも食べなければ」と無理矢理詰め込んでしまいがちになってしまうのもデメリットです。食べ放題に行ったときに、これを食べないと元が取れないから、お腹がパンパンでも食べてしまおうと考えたことがある人は多いのではないでしょうか。この無茶が原因で体調を崩してしまうことだってあるのです。お腹を壊せばしばらくは食事量を控えなくてはならなくなりますし、胃腸薬の代金もバカになりません。かえって使う必要のないお金を使う結果になってしまっています。
多人数でわいわいやるために食べ放題の飲食店に行くのならまだ分かりますが、ひとりで行って無理矢理元を取ってやろうなんて考えるのは、普通の人にはあまりオススメできるものではありません。欲張るといいことがないのは、食べることについても同じなのですよ。


日本の飲食業界はこの先どのようにして生き残るのか…

日本の市場規模の大きさの話になりますが、飲食店がどれほどの大きさであるか、ご存知でしょうか?飲食店といえば誰しもが一ヶ月に一度は利用してるかと思います。高価なレストランでなくてもファーストフード店、回転すし、牛丼屋…日本中にあるものですので、さぞや大きな市場規模を抱えているのだろう…私もそう思っていました。しかし見てビックリ、深く知って二重にビックリ。飲食店の市場規模は全体の10分の1も無かったのです。私は少なくとも5分の1は占めているだろうと思っていたので、とても驚愕してしまいました。思った以上に飲食店という存在が日本経済に与える影響は小さいのです。
私は日本経済についてとても詳しいというわけではありません。ですが市場規模の一位に長年パチンコ事業が居座っているのがなんだか納得できないのです。私がパチンコというものをあまりしないので、知らないだけかもしれないが、どうしてパチンコがあのような需要をもっているのか…甚だ疑問です。
私は飲食店の立場がもっとよくなることを願っています。もしも飲食店の市場規模がもっと大きくなれば、顧客である私達へのサービスの質も、また今の劣悪とも呼べる飲食店業界の雇用事情も改善されるに違いないからです。そして飲食店の市場立場を良くするための方法として、パチンコに流れているお金を飲食店にバックするという案を推しています。今パチンコ業界に流れている何兆円というお金を飲食業界に流す事ができれば、日本という国は今より大きく、また強く発展するに違いないでしょう。
あとはその具体的な方法を考えるだけですが、パチンコ市場があまりにも大きすぎるため、私のような一個人で考えられるようなことではありません。市場の流れを制御しようと思ったら、国単位、または世界単位で何かことを起こさなければならないのです。
私個人の手には余る…そう思わざるを得ません。力不足をこんなところでも感じてしまうのです。


お店の看板メニューを大事にする

多くの人から支持される飲食店は、特定のメニューだけが有名になる場合が多いのです。例えば、天ぷらだけを販売しているお店がいつまでたってもつぶれることなく、お客さんが並ぶようなお店の場合、メニューを増やさなくても人気が落ちないのです。

このように、飲食店に食事をしに来るお客さんは、様々な食事を要求してくる場合がありますが、本当に有名になったお店の場合は、メニューが限定されていても不満に思うことがないのです。

これは、その店で食べるメニューが他では味わう事ができない物であると最初で分かっているので、多くの人が支持するようなメニューを食べてみたいと思うのです。

そして、好評のメニューを食べる前に、美味しく見えるようにアップの写真を撮影して、ブログに掲載するのです。有名店に足を運んだというエピソードが良い印象を与えるし、お店側からするとお客さんが食べに来てくれて、メニューを宣伝してくれるのでとても助かるのです。

このような良いサイクルがあると、お客さんに美味しいメニューを提供し堅実に経営をしている飲食店が、ネットでも話題になることがあります。

多くの人から支持される飲食店を経営するためには、遠いところから食べに来てくれるような美味しい味を作る事が大事です。それには、何時間も出汁を取るために時間を費やしたり、新鮮な食材を手に入れるために遠くまで足を運んだりするなどの手間が必要になります。

このように、他では真似のできないような努力を重ねて、後に多くのお客さんに認めてもらえる状況となるのです。

そんな事から、飲食店を経営するときには立地条件や、チラシを配ったりするような努力をする前に、他のライバル店に負けないような味を確立する必要があります。

テレビ番組で、最高の味を作る選手権などで優勝したりすると、その番組出演だけで、何年も多くの行列ができるお店になる可能性があります。このような、本物の味を作り話題になるようなイベントがあれば、支持されるお店となる可能性があるのです。


美味しい食事ができるお店は人を思うように動かすこともできる

飲食店の役割は、人の本音を吐き出させる場所として、昔から使われてきました。食べるという行為でその気まずさを紛らせることもできるうえに、食べるという体裁の行為の元、話しを進めることができるからです。美味しい料理を食べることでも人は本音が出やすかったり、気持ちがおおらかになることもあるので、そういう意味からも、飲食店は、重宝されてきました。何も空腹を満たすためだけの生きていくための最低限の活動としてだけが飲食店の役割としてあるのではない、というのは間違いない事実です。

お客様をおもてなしする飲食店の店員も、場所によっては、仲をとりもつ役割として指名を受ける場合もあります。飲食店の役割は、食事をしてお腹を適度に満たすことから、人の本音を吐かせるという目的から、人間関係を深めるためなど、さまざまな意味の目的から存在意義が強くあると思います。

食事を通して本音を吐かせる、腹を探るという意味で料亭会談という言葉がありますが、これは、美味しい食事をすることで、人は、一緒に美味しいものを食べている人を無条件に良い人と思ったり、美味しい食事から気の緩みが生じ、本音が出る、話しがある意味、建設的にも進んでいくということで昔から行われてきたと聞いたことがあります。確かに、食事は、美味しいと本音がぽろりと出たり、一緒に食事をしている人を、信じてしまうこともあるものです。

食事をする場所というのは本当に不思議なパワーのあるものです。食べるという行為は、人間の三大欲求でもあり、生理現象のような部分もあります。なぜなら、食べるという行為はある意味で、無防備でもあるからです。本来の生理現象は、呼吸、睡眠、排泄などの部類です。しかし、食べるという行為も、生理現象に似通っている部分があり、人前で一緒に食事ができるということは、生理現象のように無防備な状態と共通する部分があるからです。口に食べ物を運ぶ行為は、本来は生に直球する問題でもあるだけに、無防備だからです。だからこそ、美味しいもので気がゆるめば、話しがまとまるということがあるのでしょう。


近所にオープンするペット同伴のカフェ

新聞広告を見ていると、時折新しい店がオープンするという事を知らせるチラシを目にすることがあります。大概そういった店はチェーン店が多いのですが、先日目にしたチラシはペット同伴が可能というカフェのチラシでした。そのお店のチラシによると犬や猫などリードに繋いだ状態で来店が可能なお店で、店内では犬や猫と共に飲食が可能らしいです。それとお店のメニュー表の一部がチラシに乗っていたのですが、そちらには犬猫用のメニューまで載せてありました。

ペット同伴といったお店は、今まで何回かテレビの中でたまに目にしたことはありますが、近所に出来たことに少し驚きました。とうとうこういった店も私が住んでいるそれほど大きくない街にも進出してきたかという感じです。考えてみると、私の家でも猫を飼っていますし、周りのご近所さん達もペットを飼っている家庭は多く、ペット同伴のお店そのものがこの地域で需要があるのかもしれません。とくに犬を飼っている方はドッグランで遊ばせたり、結構顔見知りになったりしているみたいなので、散歩の帰り道こういったお店でお茶が飲めるのは一息つけるのは良いのではないかなと思います。

チラシを見る限り店内はとても広くて明るそうですし、外に置かれたテラス席なんかは、天気の良い日は飼い犬とゆったりする空間として気持ちいいのではないかと想像します。私ももし犬を飼っていて、犬友がいたりすれば利用するかもしれませんね。

家のペットの猫を連れての来店を想像はしてみますが、でもうちの猫はこのお店に入るのは難しいだろうなと感じます。小さい頃から、超の付くほどの人見知りの猫で、来客が家に来るとすっとんでどこかに隠れてしまうような性格なので、人はおろか、よそ様のペットと顔を合わせるのが難しいかなとは思いますね。でも新しい形態のお店は、とても興味があります。わが家の猫は抜きにして、このお店がオープンしたら自分だけでどんなカフェなのか偵察しに立ち寄ってみたいとは思っています。


1 2