お問合せはこちら

移動販売の魅力 一覧

学生が主催する野外イベントの向けての努力

大学生としてサークル仲間で盛り上がると大きなパワーとなって普通ではできないようなこともやってしまう勢いというものがあります。仲の良い友達で話し合うことで何か記念になることを大学生活のうちにやってみようということになるのです。そうして相談しているうちにやりたくなるのが野外イベントというものなのです。学生の中で盛り上がるとその勢いは止まらなくなり、いけいけという感じになってきます。ではお金はどうするのかなどいざ具体的に話し合うようになってくると、やっぱり無理かもとネガティブにもなりやすいのですが、それを跳ね除けるようなパワーが若い人たちにはあるのです。

では野外イベントを学生だけでどのようにできるのでしょうか。学校でできるかもしれませんし、どこか自然のある静かで迷惑をかけないようなところがあるのであればそこでやってみることができるかもしれません。もちろん許可を取ることは忘れないようにします。学生ですからコンサートをやってみたり、ちょっとした漫才とかお笑いなどもできるかもしれません。食事ができるスペースも欲しいのでケータリングカーを呼ぶのもいいでしょう。ケータリングカー 手数料はそこまで高くはないですからね。いろいろな人材が集まる大学ですので面白いものが出来上がっていくのであり、後は学校で積極的に呼びかけてきてもらうように、また協力できる部分は協力してもらうようにして盛り上げていくことができます。

野外イベントで一番問題になるのはそのための費用かもしれません。学生なのでお金がない人が多いのは確かですので助けが必要です。募金を募って成功のためのお金を集めることができるかもしれませんし、みんなで高収入バイトを探してびっちり1ヶ月くらい働いてみるというのもよいかもしれません。ちょっと無茶のように思えてもそれができてしまうのであり、学生のパワーのよさなのです。こうして野外イベントのための資金が集まってきたのであれば、いよいよ音響装置やその他の準備ができるようになっていくのであり、必要になるものは購入したりまたリースしたりすることができるのです。


ケータリングカーで商売をするならSNS活用は必須です

ケータリングカーで商売をする場合、安定した売り上げを確保するのはなかなかに難しいものがあります。それは、固定した場所で商売ができない可能性があることと、目利きに失敗すれば誰も寄り付かない店になる可能性があるためです。

新規開店したケータリングカーがテレビや雑誌で取り上げられるようになるには、ある程度有名になる必要がありますが、流行になるケータリングカーとはどんなお店でしょうか。
テレビで取り上げられるお店というのは、今までなかった物を販売しているお店です。日本にはなかった味を自ら考案して販売していたり、既存の物に手を加えてオリジナルの味を開発したりなど、他者とは違ったものを販売しているお店が取り上げられたりするのです。

ケータリングカーで販促を行う場合は、インターネットを活用するのが必須です。お店のSNSアカウントとWEBサイトを開設するのは、今や常識になっています。路面店のように、いつでも看板を掲げている形のお店ではないため、商売をしている場所、時間帯を周知するにはインターネットが一番効果的でもあるからです。

SNSの役割は、口コミ効果を狙うところにあります。誰かがお店で販売している物を食べ、その感想をSNSに投稿したところ、それが瞬く間に拡散し、誰もが知るようなお店になるというのは、現代ではありえる現象になっています。また、SNSをうまく活用することでお客さんとコミュニケーションもとれ、リアクションが上手い人であれば、店主が面白いお店としても有名になる可能性があります。

お店のWEBサイトを開設しておくと便利な点は、店の基本情報を見える形で残せておける点にあります。営業時間は何時で、何日から何日まではどこどこに出店など、SNSなどの口コミで興味を持ってくれた人に対して、正確な情報を伝えられる場となるため、宣伝効果は十分に狙えるものなのです。

これから新規開店でお店を開店したいと思っている人は、どこにも売っていない物を売ることと、インターネットを有効活用する戦略を取れば、ある程度の売り上げは確保できるようになると言えます。


ケータリングカーで販売している食べ物や飲み物

ケータリングカーで扱っている食べ物は、ハンバーガーやホットドックなどのファーストフードが多くて、焼きそばや焼き芋を取り扱っている場合もあります。多くの商業施設の近くにあるケータリングカーでは、出来立てのたこ焼きや焼き鳥の匂いが香ばしくて、少し距離を置いていてもたこ焼きの匂いなどに釣られて店頭に並ぶお客様の姿も目立ちます。

近年は様々な味を味わってもらう為にクレープやタコスなどを扱っている所も多くて、こだわりの商品として差別化しながら販売している傾向です。商業施設の近くにあるケータリングカーで扱っている食べ物は、たこ焼きやから揚げなどが主流になっていて、同じ物を扱っている傾向です。他の場所で美味しく食べる為に温かいタコライスなどを堪能したいお客様の事を考えて、軽食としてライスの関連の商品を販売している所が多くなっています。

最近はファーストフードなどの商品を扱うばかりではなくて、ラーメンなどの麺類を販売している人が多くなりました。スープやラーメンに関して言えば、特に冬場の寒い時に温まる為にお勧めの料理で、冬場に豚骨ラーメンなどを取り扱っている販売者も多いです。女性向けの商品としては、カフェで出されている飲み物としてコーヒーなどの飲み物を扱っている傾向です。

一方で、夏場は気温が高い事を考慮して冷たい食べ物や飲み物が人気になっています。ケータリングカーに製氷機を導入してカキ氷を作ったり、様々な味を醸し出したアイスクリームなどを取り扱っている傾向です。熱い所で催し物を行う場合、暑さを吹き飛ばす為にカキ氷やアイスクリームを販売している人も多いです。夏は冷たい食べ物を販売していて、冬は暖かい物を販売する事によって季節に適応した商品を工夫しながら作っている事が特徴です。近年は洋食ばかりではなくて日本人は米が好きである事を考えて、梅干が入っているおにぎりを作ったり、ぜんざいなどの和風の料理を取り扱うようになりました。


脱サラしてケータリングカーという仕事を始める

サラリーマンとして上がらない給料、いつリストラに遭うのかわからない不安、そして将来への希望はない状況、さらにモチベーションが上がらず、仕事に喜びを持つことができないなど、仕事そのものに不満を持ち、できるならば転職してみたいと考えている人たちはたくさんいます。とはいえ、それに踏み出す勇気がなく、だらだらと毎日が過ぎていくということが多いかもしれません。そのような中で独立して自分でなにか仕事ができれば、努力したことが報われるし、自分の好きなように仕事ができるということで自由な時間ができるというメリットがあるのは確かであり、自営業あるいは自由業というのは魅力があります。

そのような職に就くためにはスキルが必要になるのですが、ケータリングカーであればそれほどスキルを必要とせずに仕事を始める事ができるというメリットがあります。実際にこの仕事で成功している人たちは以前は会社勤めをしていたものの、退職して脱サラそして今の仕事に巡り合ったという人たちがとても多いのです。自分で考えていろいろなところに行ってみて、お店を開くことができるのでなにかに拘束されることがないので、今までできなかった趣味に時間を使ったり、満員電車に揺られて毎朝ひどい状況を経験することもなくなるのです。

この仕事を始めるためにはまずケータリングカーそのものが必要になります。車を購入してしまうのか、リースしてもらうのかはいろいろなことを考えて決めることができますが、購入してしまった方がなにかと便利かもしれません。後はどんなものを売るかということであり、この車の中で調理してお客に販売するのか、それともすでにできているものを出すのかなどいろいろなことを考えます。自分が大好きでおいしいと感じるものがよいかもしれません。そして後はこの仕事を始めるにあたり、仕事上の手続きなどをしていくこと、そしてそのケータリングカーを魅力あるものにするためのデザインなどを業者と相談して決めていくことができるのです。


ホームセンターで出会った懐かしい味

うちの近所のホームセンターでは年に数回、感謝祭と称してイベントを催しています。お店の中だけで流通している商品券が通常よりお得に購入出来たり、買い物した際に出る券でくじが引けたり、何といっても日用品がセールになるので必ずその日は出向いていくようにしています。

それで先日家族で行ってきたのですが、その日は何時にも増してお客さんが出ていてとてもにぎわっていました。子供向けの催しがいくつかあったり、それと駐車場にはいくつかの食べ物を扱う出店がケータリングカーで出ていまして、ちょっとしたお祭りみたいになっていました。しかもケータリングが出ていた周りには、イスとテーブルが用意されていて、そこで軽食を食べることが出来るようにされていましたよ。

下の子がケータリングで売っていた揚げパンを食べたいというので帰り際に買ってみたんですが、ケータリングとはいえ、ちゃんと揚げたてが売られていたみたいで、アツアツの状態でした。揚げパンは人気らしくて、結構列が出来ていましたよ。

で、その揚げパン。トッピングはきな粉を選んだのですが、これがかなり懐かしい味。学校給食を思い出しました。中々揚げパンは頂く機会が無かったので、こんなところで出会ってすごく嬉しくなりましたね。なんだか貴重です。一緒にコーヒー牛乳を購入して美味しく食べました。娘たちも気にってぱくついていました。

それからお店で買い物して、くじ引きを引いたのですが、これは残念賞でテッシュケース1箱でした。いつもいいものが当たれと念じているのですが、いつも残念賞。当たりは次の機会に持ち越しするとしましょう。

揚げパンの味が本当に美味しかったので、帰りに再び駐車場に止まっていたケータリングカーで再びきな粉味の揚げパンと、他のケータリングカーで売られていた焼き芋を購入して家路につきました。行った場所はホームセンターですが、家の近所でこうやってお祭り気分を味わえて、とても得した気分になりました。


私のメロンパンのケータリングカーでの思い出

ケータリングカーとは、食品などの移動販売を行ってる車のことです。特定の店舗を持たなくても営業ができるという利点がある為に、手軽に営業をすることができ、また車で営業しているのでフットワークが軽く、広場などで行われるイベントなどでは、そこに呼ばれて営業していることも多いです。
私が子供の頃は、やきいもやラーメンの屋台がよく来ていましたが、そういったものも今ではケータリングカーという呼び方になることを考えると、ケータリングカーの歴史はかなり深く、身近なものかもしれません。最近はやきいもやラーメンのケータリングカーはほとんど見掛けなくなってしまいましたが、その代わり数年前からよく見掛けるようになったケータリングカーに、メロンパンのケータリングカーがあります。
一時期全国的に大ブームになったメロンパンのケータリングカーなのですが、その特徴としてやはりいつでも焼き立てを食べることができるというものがあります。普通のパン屋さんでも焼き立てを食べようと思えば食べることができるとはいえ、いつ焼き上がるのかが分かりづらいのですが、メロンパンのケータリングカーだとその場で焼いてくれるので分かりやすかったです。
私の地元では、週に二回ほど決まった時間に駅前に来て営業をしていたのですが、ブームということもありかなりのお客さんが来て、焼き上がるのを待っていました。実際に食べてみた感想ですが、やはり焼き立てというのはそれだけで美味しく、メロンパンが別に好きでもなかった私でも、何度か購入するくらいだったので、メロンパン好きにはかなり嬉しいことだったんだろうなとは思います。
途中からはメロンパンの中にホイップクリームを入れる進化形なども発売しており、さらに人気になっていたのですが、メロンパンブームの終焉とともにそのメロンパンのケータリングカーもすっかり見掛けなくなってしまい残念です。今でもイベントなどに行けばメロンパンのケータリングカーを見掛けることがあるので、今はその時に買うくらいになっています。


ケータリングカーでの販売で必要なのは商品力とビジネス戦略

 ケータリングカーによる販売は商品力さえあれば売れると考えている人は、結構たくさんいるのかもしれませんね。ケータリングカーでどこでも売っているような普通の物を売っていたら、お客さんはそんなに集まらないかもしれません。どこでも買えるなら、わざわざケータリングカーで買う必要はありませんからね。つまり、だからこそケータリングカーによる販売は商品力によって支えられているということができます。しかし、それが十分だったらもう安泰とまで言い切れるものなのでしょうか?その答えはちょっと間違っていると思います。いくら商品力に優れていたとしても、それだけではケータリングカーによる販売が成功し続けられないです。では、他にどんなことが必要なのかというと、それは周りの環境に合わせたビジネス戦略です。

 仮にとても暑い日に熱い商品を販売していたら、それが人気になるでしょうか。人の中にはそうしたことを好む人もいますので、人がまったく集まらないわけではないと思います。しかし、大盛況するのかと問われれば、それは甚だ疑問が残りますよね。それは暑い日に熱い商品を売るという周りの環境に合わせていないことが原因によるものです。つまり、天気や気候に合わせて売るものを臨機応変に変えていくというのも、戦略の一つとしてありです。

 また、どこの地域で売っていけば良いのかをしっかりとマーケティングしておくことも求められます。老人しかいない地域で若者向けの商品を販売してもしかたありませんし、その逆に若者ばかりいるような地域で老人向けの商品を販売してもほとんど売れないでしょう。それは地域のマーケティングをしっかり行っていないからこそ起こり得ることで、それでは柔軟性に欠けてしまっています。

 ケータリングカーは商品力さえあればそれで何とか成功すると思ってしまいがちですが、それと同じくらいビジネス戦略が重要になってきます。ですので、商品力とビジネス戦略の両方を備えてから始めたほうが無難です。


こだわりメニューだからケータリングカー販売

ケータリングカーで販売されるメニューはバラエティーに富んでいます。以前はコストを抑える目的でケータリングカー販売をする店主が多かったですが、今ではケータリングカーそのもののスタイルを気に入って販売をする人が増えているようです。そのため、ケータリングカーにあわせたメニューを考えるよりも、自分が販売したいメニューをどうやってケータリングカーで売れるように形を作っていくか、が問題になっているようです。そこは店主としての知恵と工夫、そしてオリジナリティを発揮するところですから、悩みながらも楽しい計画になるのではないでしょうか。昔のケータリングカーのイメージは、それこそサンドイッチや簡単なカレーセットがメインでしたが、最近では本格的なハワイアンメニューや、人気の北欧メニュー、気軽なスペインの家庭料理などもケータリングカーで販売していることをよく見かけます。よくこんな手の込んだものをケータリングカーで販売できるものだ、と感心しますが、実はケータリングカーで販売できない料理はひとつもないといわれているほど、工夫ひとつでできるようなのです。時間が経過することで品質が落ちてしまうようなものは困りますが、パスタひとつにしても種類を変えることでケータリングカーでの販売にも適したメニューが作れるのです。私たちが普段食べている乾麺タイプのスパゲッティではなく、ペンの先のような形をしたペンネというタイプのパスタや、ファルファッレという蝶の形をしたパスタを使えば、見た目にも華やかなだけでなく、長時間の保温にも耐えられます。ケータリングカーでおしゃれなパスタランチが食べられるなら、オフィス街の女性客はとても喜ぶのではないでしょうか。そのメニュー作りも店主の腕の見せ所であり、万人受けするメニューではなくターゲットを絞ったメニュー作りするべきでしょう。自分のケータリングカーの前で行列ができた時ほど嬉しいものはありませんし、メニュー作りは夢が膨らみます。