お問合せはこちら

移動販売に最適な場所 一覧

アウトドアを楽しむ時間を大切にする

夏のシーズンには、様々なお祭りが各地で開催されますが、このようなお祭りを見に行く時には、友人たちを誘ってお酒を飲みながら花火を楽しんだりと、それぞれ有意義な時間を過ごすことができます。

ただ、祭りに行き慣れるようになると、同じようなイベントが毎年開催されるので、違った楽しみ方をしたくなってきます。そうなってくると、様々なフェスティバルをチェックする事によって自分の楽しめるイベントを見つけることができます。

野外イベントでメインになってくるのは、アウトドアで楽しんだりする事です。山登りや釣りを楽しんだり、キャンプをすることによってより仲間と触れ合う楽しみがあります。

このような楽しみを野外イベントで実質している事が多くあります。バーベキューなどは数倍の友人たちで、テーブルを囲むやり方になりますが、それも大人数でやってしまうというイベントがあります。

大きな肉の塊を、多くの人達がカットして分け合って食べるイベントなので、これまでに見たことがないような食事を楽しむことができるのです。

多くの人はワインを飲むときには、自宅でゆったりとした時間に飲むはずですが、その時には仲間たちと一緒に肉に合う美味しいワインを開けるのです。そのワインの銘柄も、ソムリエが選んだ非常に良い味のワインが影響されるので、食事と一緒に仲間と楽しむ事ができるのです。

このように、アーティストがステージで盛り上げるような野外イベントだけでなく、変わったメニューを楽しんだりする野外イベントがいくつもあります。

最近は、大きな建物にプロジェクションマッピングをして盛り上げるイベントが多くなっていますが、プロジェクターで映し出す建物があるような町中でイベントが開催されることから、野外イベントでもあるのですが、通勤帰りの人達が一時的に足を止めるようなイベントになってしまいます。

そんな事があるので、プロジェクターで映し出すイベントも野外の自然の中で楽しむことが求められるのです。


野外イベントのいろいろな愉しみ方

最近どんどん規模が拡大している野外イベント。行ったことはないけれど、興味があるという人も少なくないでしょう。実際にどのような楽しみ方ができるのか気になる人もいるのではないでしょうか。

野外イベントと聞くと、野外フェスが代表的でアーティストがどんどん出て、パフォーマンスを見せてくれる空間と思っている人も少なくないのではないでしょうか。実際には音楽を聞いて一緒に盛り上がる以外にも、いろいろな楽しみ方があるのです。

まず、野外イベントで出品されている飲食店に注目してください。野外イベントのブースにはさまざまな種類の飲食店が軒を連ねています。その美味しさにハマったという人も少なくないのです。定番のカレーた焼きそば以外にも、おしゃれな多国籍料理や麺類などさまざまなものがあります。

さらには、女子に人気のスウィーツや飲み物など、野外イベントだからこそ美味しく食べられるものがたくさんあります。野外イベントの楽しみ方のひとつとして、食の楽しみも入れておくと良いのではないでしょうか。

また野外イベントでは、テントを張って休憩スペースを作る人たちがとても多いです。こちらも遊んだり休んだりする空間として、愉しむことができます。ちょっとした異空間に身を置くことで、リフレッシュしたり、童心に返ることもできちゃいます。

連日おこなわれる野外イベントであれば、そのまま泊まってキャンプ感覚を味わうこともできますね。子供と一緒に行けば、楽しい思い出作りにもなるでしょう。

さらに子供連れの場合は、楽しいおもちゃや玩具をもっていくと、大人も有意義に過ごせます。会場によっては端のほうに、広い草原があるところもあります。子供たちが飽きたら、楽しいおもちゃで自由に遊ばせるという楽しみ方もできますよ。

このように、野外イベントは音楽を聴くだけでなく、ほかにもいろいろな楽しみ方ができます。ちょっと面白そうだな~と思ったら、気軽に参加してはいかがでしょうか。


日本の全国では音楽の野外イベントが行われている

日本の色々な場所では、楽しい野外イベントを行っています。多いのが、音楽をかけては、みんなでワイワイと踊っては楽しむという野外イベントなのです。その楽しいイベントは、岩手県の高原スノーパークや、名古屋市の野外フェスティバル、近頃は長野県高山村の山田牧場で行われています。

この山田牧場での野外イベントは、標高1500mもの高さで行われているイベントです。富士山の半分ほどの高さの場所で行われているので、かなり空気が良いのが特徴的です。そこでダンスをしたりするのですから、健康的になります。天空の牧場でやっている野外フェスです。

その標高からの景色はかなり美しく、まるで天国に来たかのような爽やかで美しく、リラックスできるわけです。緑の香りが漂い、穢れのない素敵な空気を吸えるのですから、本当にリラックスできます。ちょっと肺の弱い人でも、そんな場所で動いてはリラックスしたら、肺がとっても強くなりそうです。免疫力が高まり、元気になれそうです。

岩手県の高原スノーパークで行われている野外イベントでは、ダンスミュージックとなり、ノリの良い音楽がバンバンかかります。高原なので、こちらも空気が良く、高原の香りと魅力を肌で感じられるのが魅力的です。

名古屋市で行われている野外イベントでは、ロックをかけて楽しみます。ノリの良いロックをガンガンとかけては、みんなでワイワイと楽しむのです。頭を振っては楽しむのですが、その光景はとても圧巻です。

そんな中に入り込めば、よりストレスも解消されては楽しめるわけです。

鳥取市の小沢見海水浴場でも音楽フェスティバルを行っています。海を見ながらの音楽フェスティバルはまた格別です。海という開放感もあり、より楽しくなるのです。海を目の前にして、みんなでワイワイと跳ねたりするだけも、本当にワクワクするのです。

鳥取の砂浜はとっても綺麗です。穏やかで、夕日がとっても綺麗だと有名です。鳥取の海を満喫しながら、素敵な音楽を楽しめる最高の野外イベントです。


野外イベントで楽しむための工夫

日本でもここ十数年で、さまざまな野外イベントが全国各地で開催されています。一度ならず足を運んだ人も、少なくないのではないでしょうか。

夏フェスなどで代表される野外イベントは、おもに山でおこなう山フェス、海辺でおこなう海フェス、そして街中でおこなう都会フェスなどがあります。できることなら、時間が許す限り楽しく過ごしたいと思うのではないでしょうか。

まず山や海辺でおこなう野外フェスの場合は、天気に左右されることが少なくありません。急に天候が変わったり風が吹いたりと、寒くなることが予想されます。暖かい服装や雨具などを用意していくと、最後まで楽しく過ごせるのではないでしょうか。

そして忘れてはならないのが、虫対策です。とくに山や湖の近くでは、蚊やアブなどの被害に遭うケースがあります。最近では体に貼り付けるシールタイプの虫除けシールやスプレーが売られていますので、上手に利用するとよいですね。

さらに、思った以上に暑く汗をかくこともあります。最近主流の発汗作用のあるインナーやシャツを完備していくと安心ですね。とくに真夏のフェスでは、熱射病には十分気をつけましょう。水分補給や栄養摂取を意識して、バテないようにすることが大切です。

また無理は禁物です。大好きなアーティストが出るからといって無理して参加し続けて体を崩すこともあります。適度に休憩を入れて楽しい気持ちでのぞみましょう。ちなみに野外イベントでの服装ですが、いつも以上に派手にするのがポイントです。お祭りらしくカラフルな服で、楽しく参加するとよいですね。好きなアーティストの視線を受けるかもしれませんよ。

ただ、いくらド派手な服装でも動きづらいと窮屈に感じで楽しめません。野外イベントはアクティブに動いてなんぼですから、身軽に動ける軽量タイプの服装がよいのではないでしょうか。野外イベントでは、以上のことに気をつけると、より楽しく過ごせます。ぜひ参考にして充実したひとときを過ごしてください。


地域復興のための野外イベント

野外イベントは地域復興として行われることがあります。地方を再生して話題つくりをして、そのエリアに住む人たちに喜びを与えます。そしてこうしたイベントは休日に行われることがほとんどであり、そのエリアは過疎化が大きな問題になっているかもしれません。若い人たちが都心部に仕事などに出ていってしまって、帰ってくるのは1年に1回だけということが多いのです。そのような人たちが故郷に帰ってくるタイミングとこうした野外イベントがうまく合うような日程を組むことができれば参加者は増えてしかも盛り上がるのです。またこうしたイベントをすることで、都心部からわざわざ来てくれるそんな効果を期待できるのです。

こうした野外イベントにおいてはこの地域の魅力のアピールを忘れないようにします。それは司会者がはっきりと面白くこの地の特色となることを説明したり、エピソードを興味深く提供したりすることができるかもしれません。名産品があるのであれば会場にお店を開いていかにここで採れる野菜や果物、お菓子その他のものがおいしいのかということをアピールすることができるのです。その宣伝効果はとても大きなもので、今後の売り上げにも大きな影響を与えることがあるのです。

野外イベントではスペシャルゲストがメインになるかもしれません。あらかじめそのようなゲストに土地の様子を知ってもらったり、それをネタとして提供してもらうように話してみることができるかもしれません。またその地域の人が盛り上がる、そして誰もが知っているようなゲストを招待することができるかもしれません。そうすれば年配の人でも楽しみが増えることになり、期待感が高まるのです。

いろいろな意味で野外イベントをするというのは特別なものであり、限られた予算の中でのやりくりになりますので十分にできないこともあるかもしれませんが、その中で精一杯地域を盛り上げるために励むことができるのであり、楽しいひと時にしたいものです。


宣伝効果が地味に高いと感じる、イベントは野外イベント。

宣伝や広告といえば、各企業が力を入れている怠ってはならないマーケティングです。その中でも、一番有名なものといえばテレビCMでしょう。他にも、スポーツチームのスポンサーや、屋外の看板広告などは誰しもが見たことはあるでしょう。そして、それらに言えることは多大な宣伝量が掛かることです。例えば、人気サッカーチームのユニフォームスポンサーになる場合は、数十億円が掛かるとされています。そういうお金は、中小企業や地方に本社を置く企業には集めるのが難しいお金です。

それでも、そこまで高いお金を掛けなくても、大きな宣伝効果を得る方法はあります。それは、野外イベントです。これは、都内などの都心部ではよく行われています。例えば、ある地方の特産物を扱ったイベントなどは結構多いですよね。テントやブースに、地方の名産物を置き都心部の人がそれを手に取り、買うことによってその地方の知名度アップや、地域振興につながることができます。

それ以外でも、企業が野外イベントを行うことも多いです。これも例を挙げると、お菓子の会社が新商品のアピールのために、都心にテントやブースを作り歩行者に試供品を配るというものです。これも、都内ならばよく見る光景ですよね。詳しいことはそれぞれの企業に聞かなければなりませんが、おそらくテントやブースを作るのにはそこまでお金はかからないので、手っ取り早く安く宣伝ができる方法ではないでしょうか。

そういう意味でも、野外イベントは様々な企業や地方自治体にとっても、なくてはならない宣伝媒体となっているようです。他にも、マイナーなアイドルグループが野外イベントで、知名度アップを目指すことも東京都心部では珍しくないようです。このように、いろいろな企業や自治体や団体の、可能性を伸ばす秘策といえば野外イベントを、いかにして成功させるかではないかと思います。人目を惹き、人を魅了するイベントづくりが出来る団体は、おそらく伸びしろも多いのでしょう。


野外イベントで街おこしを試みよう

 日本で人が集まりやすく活気のある地域といえば、東京、大阪、名古屋、京都、福岡、札幌などがあげられます。それらの地域は黙っていても人が集まりますし、観光という点において大成功している地域といえます。では、それ以外の地域はどうでしょうか?もちろん各自治体が頑張っているため盛り上がっている地域もありますが、そうではなくて過疎化に苦しみ閑散としてしまっている地域も少なくないです。大都市へ一極集中して人が集まるのはしかたのない面もありますが、このままではとてもアンバランスな国に日本はなってしまいます。そこで、各種街おこし、村おこしが行われているのですが、その中でも注目を集めやすいのはやはり野外イベントです。

 野外イベントが行われると、それに合わせて各種マスコミが取材にやってきたりします。新聞、雑誌、テレビなどそのメディアはさまざまですが、野外イベントに合わせてマスコミが取材をします。特にテレビの影響力はかなり大きく、ニュースや特集で取り上げられればその地域に対して人々の関心が高まります。人々の関心が高まれば次の旅行先の候補地としてピックアップされやすいですし、それが地域の活性化へとつながっていきます。

 それだけでは一過性の影響力しかありませんので焼け石に水なのかもしれませんが、それでも何も話題にならないよりかは良いです。そうして少しずつでも全国的に認知されていけば、観光客だけではなく移住者も多くなる可能性があります。そうすると日本全体がバランス良く活気付いていきますので、一極集中ではなくなります。

 その端緒として野外イベントはとても重要であり、なるべくインパクトを強くしていかなければならないです。それは奇祭や変わったコンテストなどなんでも良く、自由な発想で行ったほうが実は上手くいきやすいです。

 それを考えるとこれからの野外イベントは街おこしや村おこしでとても大切なポジションになりますし、だからこそ注目していきたいところです。


大規模な音楽ライブは私にとって毎年欠かせない野外イベント

私は毎年と言っていいほど夏は音楽の野外イベントに行っていて、普段からよくスマホとは別にデジタルオーディオプレイヤーを持ち歩きながら好きな曲を聴くことを楽しんでいる私は、そこが一番はじけることのできる場所なのです。開催場所が過疎地な上に何日間もやっているからその間はずっと泊りがけで参加しているのですが、今までちゃんとしたホテルで過ごしたことは一回あるかないかくらいで、いつもキャンプのような感じで会場の空いたスペースでテントを張っています。最初はこういう慣習にとまどったものの、今ではすっかり慣れてこれも楽しみのひとつみたいな感じに思っているから、アウトドアの知識もわりと豊富になりました。
一人で行くことはなく必ず友達か恋人と一緒ですし、広い敷地内にテントが並ぶスペースでも退屈さを感じないからあっという間に夜の時間が過ぎるのを感じてしまいます。でも何もないとはいえ暗くなっていてもお祭りの夜店のようにケータリングカーの並ぶ場所が近くにあるので、その辺りを歩いてにぎやかな雰囲気に包まれた空間を楽しむのもまた野外イベントの魅力だと思うのです。そんなときはなぜか昼間のライブで体力を使ったはずなのに全然疲れていないこともあり、ほとんど寝ずにだだっ広いイベント会場の隅から隅まで遊び歩いたりします。
もちろん次の日に行われるメインの野外イベントもそれ以上に楽しんでいて、私の好きなアーティストが出ないときでも意外と良い音楽に出会えてこの期間は様々な発見があるのです。一度、全然聴いたことのないアーティストばかりの年があって最初はテンションが上がりませんでしたが、会場を移動しながら色々聴いていくうちに好みのジャンルじゃなくても良い曲が見つかることも少なくなく、野外イベントがきっかけでファンになったりもしました。ワンマンライブもいいけれど幅広いアーティストが集まってライブをするのもコラボなどの要素があってとても面白いから、これからも毎年欠かさず夏は予定を空けて行くと思います。


子供をドキドキさせて集めることができる野外イベントを企画

子供向けの野外イベントを企画する会社なら、楽しい大道芸を安く頼めたり、バルーンアートを面白くしてくれるスタッフを気軽に頼むことができて便利です。

子供がよりたくさん来るようにしたい野外イベントでは、そんな色々な芸で子供を楽しませてくれる大道芸人が来るのが一番です。

それに、バルーンアートができれば、より子供を楽しませることができちゃいます。素敵な動物の形にしたり、ハートマークにしたりできると、より子供は楽しいものです。それを無料で配ったりすると、ますます家族も嬉しくなります。

目の前で行うパフォーマンスは実に魅了的です。ちょっとユニークなメイクとファッションをした芸人がやれば、かなり受けるでしょう。

全国に派遣することができるスマイルエンターテイメントなら、公園でもちょっとした広場にでも訪れます。そして、子供にチョコチョコっと近寄ってはサッサっと素敵な芸を見せてくれるのです。

なかなか見れない皿回しのコツを教えてくれる教室を行ったり、楽しくてドキドキするマジックショー、面白くて子供が大好きなデジタル紙芝居なども行います。懐かしくて子供を素敵な気分にする紙芝居ジャグラーやワクワクするパントマイムでより子供のハートを掴みます。マジックショーの作り方まで教わることができ、ますます子供も大人も楽しめちゃうのです。

楽しい音楽に合わせてダンサーがよりその場の雰囲気を盛り上げますし、ファイスペインターや紙切り師なども楽しく子供を盛り上げます。

ピエロのほっほさんショーが1番子供には人気です。赤い鼻でテクテク歩く姿で子供を喜ばせます。

1回あたりの派遣の料金は60,000円からとなります。リーズナブルでかなり盛り上がるので、子供をたくさん呼びたい野外イベントに最適です。

一緒に行く親も一緒に楽しめるようなこれらのパフォーマンスを行えば、もっと多くの人を呼ぶことができます。親は子供を連れてさらに友人を誘って来るでしょう。


ケータリングカーオーナーとして業者を利用する

イベントなどが各地で定期的に開催されることになりますが、そうしたイベントの際にあるとよいのがお店であり、お祭りのような気分になっていますので仮設のお店や軽い食事ができるちょっとしたものがあるとより盛り上がり、子供たちを含め家族連れに喜ばれます。それはアイスクリームかもしれませんし、たこ焼き、クレープかもしれません。またキャンディなども子供たちには人気になります。その点でとても盛り上げてくれるのがケータリングカーというものであり、イベントのニーズを満たしてくれます。移動販売車ですのでどこにでも要請に応じてそうしたイベント会場にお店を出す事ができるのであり、その点でとても便利なのです。

とはいえ、そうしたイベントでの要請というのはある代理をする業者がいて、その業者を通して集められることが少なくありません。それでケータリングカーのオーナーとして仕事をしているのであれば、そうした業者に登録してイベントその他、お店を出すことができる情報を得ることができるような体制にすることができるのです。登録するためには費用がかかりますし、毎月一定額を支払うことが必要になるかもしれませんが、それでも仕事が入ってくるということでそれは魅力なのです。定期的にそうした業者を通して知らされる募集のイベント情報をキャッチしてそこにお店を出すことができるように働きかけていくことができるのです。

ケータリングカーはいろいろなところにお店を出せるというのは最大のメリットです。場所を変えることで仕事の気分が変わりますし、変化に富んだ仕事ができるということでとても面白いのです。特にイベント会場にお店を出すことができれば飛ぶように売れることになり、その利益はかなりのものになりますので、ケータリングカー関係での業者とつながっておくということはとても大切です。長くこの仕事を続けるために、ビジネスチャンスを掴めるような状況を作ることができるのです。


1 2