お問合せはこちら

移動販売に最適な場所 一覧

私の住む街の最大の野外イベント

野外イベントにも様々なものがあります。何かを啓蒙するためのイベントもあれば、観光地で観光客も巻き込んで楽しむ事ができる野外イベントもあります。また、規模も町内会レベルの小さなものから、市を上げての盛大な野外イベントまで様々です。

私の街を代表する野外イベントは、何と言っても5月下旬に行われる全市を上げての盛大な市民祭りです。私鉄の高架線路に沿った道路で、駅で言えば3駅に渡り歩行者天国にして開催されます。
最初に、色々な団体よるブラスバンドや踊りなどのパレードが行われ、その後、道路の両側にずらりと何百軒もテントを張って出展された模擬店やバザー店や子供の楽しめる遊びなど、色々な団体が嗜好を凝らして出店している通りを多くの市民が楽しむのです。

50万人規模の市の祭りであり、人出も半端ではありません。その為、交通整理や事故防止のために、警察官はもとより、各町の防犯委員やボランティアが多数イベントの安全を守っています。こうした非常に大きな規模の野外イベントゆえに、5月の開催ですが、1月には第1回の実行員会が開催され、準備に非常な労力を掛けて実現しているのです。さらに、キッチンカー ケータリングカーなどの出店のみならず、3カ所ほどにイベントステージも設置し、そこでも様々な企画で参加者を楽しませてくれます。

例年、日曜日に開催され、雨天の場合は1週間延期されます。野外イベントゆえに仕方ない事ですが、小雨で決行すべきかどうか判断に迷うような天気の時には、主催者は本当に気をもむ事でしょう。
既に20年近く開催され続けていますが、報道される様な事故はかつてなく、いかに主催者が綿密な計画を立て、警備関連のメンバーがしっかりと見守り続けてくれたかを思うと、頭が下がる想いです。

これからも、事故なくこの盛大な野外イベントが長く続く事を願っています。また、いつもはパレードや出店を見学して楽しむ側ですが、いつかボランティアで警備や清掃に協力したり、また町内の有志を集めて、模擬店を出店する等、もっと積極的にこの野外イベントに関わりたいとも思っています。


野外イベントで大切な土地の使用許可

野外イベントでは、会場を利用する事になります。いわゆる野外会場などを用いて、それが開催されるケースがほとんどです。

ところで会場を用いるとなると、許可が大きなポイントになってきます。当然ですが、使用許可などは取る必要があります。許可無くイベントを行ってしまいますと、後で大きなトラブルになり兼ねないので注意が必要です。
野外のイベントの場合は、私有地が大きなポイントになってきます。場所によっては私有の所もありますが、その許可状況などは必ず確認するべきでしょう。うっかり確認を怠ってしまいますと、後でトラブルに発展してしまう可能性もあるので、要注意です。
逆に許可を取れば、特に問題は無いです。使用許可の書面などを発行してもらえば、特に問題なくイベントを開催できます。

それと野外イベントでは、公園が用いられる事も多々あります。広大な敷地の講演を用いて、大規模なコンサートなどが開催されるケースも多いでしょう。
そして公園も、やはり許可が大きなポイントになってきます。そのタイプの場所の場合は、通行に支障が生じるかどうかが大切です。イベントにより通行が妨げられる可能性がある時は、やはり公園の管理者などに連絡をして、許可を取る必要があります。また公園だけでなく、川原など水に近い場所でイベントを行う時にも、許可を取ることは必要です。

このように野外イベントでは、場所の使用許可が大きなポイントになってくる訳です。何かのイベントを行いたい時には、まずその土地の管理者に連絡をするのが一番大切でしょう。後になってクレーム等が発生するのを防止する為にも、無難に許可を取っておきたいものです。

そして野外イベントの場合、ケータリングカーやキッチンカーなどを用いて物品販売が行われるケースも珍しくありません。その場合は、また別の届け出が必要になる事もあります。無断で物品販売を行ってしまいますと、やはり後になって面倒な事態になりかねないので、よく確認した方が良いでしょう。せっかく呼んでもキッチンカー 出店料が無駄になってしまいますので注意が必要です。


野外イベントで楽しむご当地グルメ散策

今テレビや雑誌でご当地グルメやB級グルメが注目されていますが、安い価格で驚くほど美味しいグルメも誕生しています。また話題性も高いのでSNSなどをされている方は写真を撮ったりなど様々な楽しみ方をされているのですが、ご当地グルメという名前の通り現地に行けないと食べれないので、相当な手間がかかってしまいます。

もちろんコンビニで売っていないこうしたレアリティもご当地グルメの魅力なのですが、もう少し手軽に楽しめると嬉しいというのも本音です。そこでおすすめしたいのが野外イベントに行くことです。お住まいの市町村の自治体や福祉法人など様々な団体が野外イベントを開催していますが、こうしたイベントには飲食ブースが設置された移動販売車が誘致されていることがあります。

中には今まさに沸騰中のご当地グルメやB級グルメが入っていることもあるので、手軽にご当地グルメを楽しみたい方には非常に嬉しいイベントになります。こうしたイベントは市役所の掲示版や広報誌などで発見することが出来ますが、お近くにお住まいの方ならば噂で聞いたり、ポストにチラシが入っていたりするのですぐに知ることが出来ます。

そうした野外イベントの公式ホームページや主催者のホームページなどで当日やってくるグルメをチェック出来るので、中にはご当地グルメがやってきていることもよくあります。特に市役所など公共のイベントではご当地グルメやB級グルメのPRをするために、市役所側が積極的にこうしたご当地グルメの販売業者を誘致することもあるので、狙い目だと言えます。

このようなイベントでは一度に複数のご当地グルメを楽しむことが出来ますし、時期やタイミングが合えばご当地グルメだけを集めたフェアも度々開催されています。デートや家族のお出かけにも非常にぴったりなこうしたご当地グルメですが、値段も手頃で気軽にいくつもの飲食ブースを回ることが出来るので、お祭り感覚で非常に楽しい食事にすることが出来ます。ぜひお楽しみ下さい。


野外イベントが主に夏のシーズンに開催される理由

野外イベントは、季節と大きな関係があります。そのタイプのイベントは、たいていは夏の時期に開催されているからです。
そもそも野外イベントに参加している方々の多くは、それは夏とのイメージを描いている傾向があります。全てのイベントが夏に開催されている訳でもありませんが、実際にそのイベントに参加した方の話を聞くと、たいてい野外のイベントは夏と考えている訳です。
ではなぜ夏にそのイベントが開催されるかと言うと、純粋に温度に関する理由です。そもそも冬の時期などは、風邪に関するリスクがあります。野外で開催されているイベントで、しかも寒い冬の時期になりますと、それだけ参加者が風邪をひいてしまう確率も高まってしまう訳です。それではイベントの主催会社に対する、責任問題にもなりかねません。またそのようなイベントは、少々過酷になってしまうでしょう。
ところが夏に開催されるイベントの場合は、少なくとも風邪をひく確率は低い訳です。その分大きな問題点が発生する確率も低くなるので、多くの野外イベントは夏の時期に開催されている傾向があります。
もちろん一部例外のイベントもあります。春の時期などでも、一部のイベントは野外で開催している事もあります。ですが、どちらかと言えばそのイベントは夏に行われている事が多いです。
イメージとしては、花火大会に似ています。花火のイベントなどは夏に行われる事が多く、冬に開催されるケースはまず無いでしょう。秋の時期なども、花火大会の時期は少なめですね。
また夏の時期は、人々の気持ちも高揚する傾向があります。夏休みの時期になりますと、何となく気持ちが盛り上がる方々も多いです。冬に野外イベントを開催するよりは、催し物自体が盛り上がる傾向があります。
そしてイベントの主催者側としては、できるだけ参加者に盛り上がって欲しいと考えています。ケータリングカー 募集も夏の方が集まりやすいかと思います。このような様々な理由で、多くの野外イベントは冬ではなく夏に開催されている訳です。


野外イベントの案内や誘導のアルバイトの経験について

私は大学時代にイベントの案内や誘導のアルバイトをしていました。もともと私はイベントが好きでよく行っていたので、そういう場所で仕事をすることに憧れていました。
そこでまた大学の学生生活課のアルバイトの掲示板で求人を探してみると、ちょうどイベントの案内や誘導のアルバイトの募集をしている会社がありました。

単発のアルバイトが多いようでしたが、会社に面接に行くことになりました。
早速応募して面接に行きました。
私は方向音痴なので、早めに出たつもりが地図を見ても道を間違ってしまい、着くまでに大変時間がかかってしまったのをよく覚えています。

面接ではやはり緊張しましたが、普通に話したら採用してもらえたのでよかったです。
それから仕事ができる日にちのアンケートがあり、そこに仕事を入れるという形で仕事が始まりました。
最初にやった仕事は野外イベントの案内と誘導です。
都内で野外イベントがあった時にそこの会場で来場者の受付をしたり、トイレを案内したりという仕事をしました。
ずっと立っているのは大変でもありますが、野外イベントを見ることもできて、同じアルバイトの人たちと話せるのも楽しかったです。私は初対面の人と話すのは嫌いではないので、毎回違った人たちとの出会いがあるのは楽しみでもありました。

大体土日に1日がかりの仕事が多かったので、何時間かは一緒にいます。お昼も皆と食べて、仕事が一緒なので会話が弾むこともあり、楽しかったです。
そのアルバイトでやった仕事ではやはり野外イベントのものが一番楽しかったですが、その他にも教育関係のセミナーの案内や誘導、放送センターでの案内などもあり、毎回色々な場所に行って、知らない人たちと出会えるのは本当に楽しかったです。

今は結婚して地方に住んでいるので、なかなかそういう仕事に巡り合うのは難しいかもしれませんが、いつかまた機会があったらイベントの案内や誘導の仕事をしてみたいなと思っています。


野外ステージと花火を堪能する

野外イベントでは、ステージが設置されて様々なアーティストが歌を披露するので、それを見る為に多くの人達が集まります。そのアーティストのファンである場合が多いですが、その中でも花火が好きな人が集まる傾向にあります。

イベントの花となっているのが、最後に行われる花火となりますが、野外イベントで会っても海に隣接している会場でイベントが行われる場合は、海上花火が披露される場合があります。

通常は、かなり高い位置まで舞い上がる花火ですが、距離が計算された会場で点火されることによって、相当に近い距離で見ることができます。圧倒的な迫力で花火が広がるので、多くの人達が魅了されます。

これを見る為だけに、野外イベントに参加しても良いと考えられるほどなのです。

イベントの催し物で最も注目を集めるのが、ステージで行われるロックイベントとなりますが、地域に密着したイベントである場合は、このステージに上がることができるバンドをオーディションで決める場合があります。

このようなステージを足がかりにしてアマチュアバンドから有名になりたいと思っているバンドが非常に多いので、ちょっとしたイベントのオーディションとはいっても、多くのバンドが参加してレベルの高い争いになる可能性が高いのです。

このように野外イベントにおいては、多くの人が集まるので、このステージでバンドを披露することができるのはとても魅力があることなのです。

最近はロックだけでなく、サルサやジャズなどを演奏するバンドもあり、様々な音楽でイベントを楽しむことができます。多くのバンドが参加するイベントである場合、かなり早い時間からステージがスタートすることになります。

多くの場合、花火を見るために終了間際に多くの人が集まるのですが、このような遅い時間にステージに立つためには、もっと人気を高めていく必要があるのです。最終的には、名前の売れているバンドが最後の盛り上がりに登場するのですが、ここまで上り詰めるにはかなりの期間が必要になってくるのです。


野外イベントの出店のポイント

野外イベントの出店はイベントの規模によってはかなりの売上が見込めるので、普段の飲食店の売上以上が期待できるチャンスです。

今回は野外イベントに出店するためのポイントをお教えします。

■準備するもののチェック
資材自体はイベンターが貸し出しを行ってくれる所もあれば自分たちで用意しなければいけない所もあります。
でもやはり自分たちで用意しておいた方が良いでしょう。
業務用の出店用品を売っている街などに行けば安く比較的安く手に入りますしイベントでの経験でどんどん効率の良い荷物にしていくことが出来ます。
また調理スペースだけでは無くバックヤードの設備も忘れないようにしましょう。
食材を置くテーブルや「すのこ」、風よけは必要です。
衛生面の上でも食材の管理がきちんと出来るよう準備が必要です。

■雨に対する備え
雨に対する準備は忘れがちなものの1つです。
よくありがちなのがバックヤードの雨対策です。
調理スペースは屋台になっているので大丈夫ですが、素材は外に置くことが多いと思います。
また仕上げを外で行う場合もあると思います。
こういう時のために簡易テントをもう1つ持っておくことが必要です。

■安全面に対する備え
少し前にガスボンベでの操作を誤って大事故が起こったことがニュースになりました。
これは利用方法がわかっていないことによるものでした。
まずイベントで使うガスについては事前によく訓練が必要です。
調理を複数名で回す場合、忙しさからガスの操作をその場で教えて「やっておいて」とお願いしてしまうことが事故につながりやすい最も大きな原因です。
少なくとも2人程度はガスを操作できるよう訓練しておいて、忙しい時には調理を変わってもらうバトンタッチを全員で練習した方がずっと安全です。
これは安全面のことなので非常に大切なポイントです。

■昼と夜の販売品
よく屋台のお店はいつも同じものを売っていると思われがちですが、実は微妙に商品を変えているお店もあります。
これは実際のお店でも昼と夜で利用客や売れる商品に傾向があるのと同じです。
イベントの中でも同じことがいえます。
「昼限定」「夜限定」などと書いておけば、限定効果もありますし両方楽しみに来てくれる人もいるでしょう。
こういった工夫も売上を伸ばす工夫です。

いかがでしょうか。
意外とわかっているつもりでも野外イベントで忘れがちになる準備。
チェックリストなどを作って準備をするのも良いかもしれません。


野外イベントを素敵な思い出にするための記念になるもの

野外イベントは地方では1年に1回くらい定期的に開かれているかもしれません。自分が大好きなアーティストが来るかもしれず、例年以上に自分の中で盛り上がるかもしれません。そのようなイベントにスタッフとして働くことができたらそれは忘れられない体験となるに違いありません。とはいえ、時が過ぎるとそのような思い出も忘れていき、ほんの一部のことしか思い出せなくなってしまうことがあるものです。いつまでも大切にその思い出を残しておきたい、そのためにできることがあります。

その一つはスタッフみんなで写真を撮ることです。みんなで写真を撮ればその時に誰がスタッフとして働いていたのか、どんなことをしたのかなどいろいろなことの記憶が蘇ってきます。写真をたくさん撮ってそれを残しておくことは記念になるのです。

さらにスタッフだけでオリジナルなTシャツを作ることができるかもしれません。そのイベントのためだけの特別なものになります。そのイベントTシャツはスタッフだった証であり、いつまでも残るものになるのです。最近はインターネットで簡単に注文ができるようになりました。まとめて大量に注文すれば安くなりますし、デザインは自分たちで決めることができますが、特別なアイデアがないのであればサンプルの中から選んでいくことも可能になります。こうしたTシャツをみんなが着ることでよりお互いを親しく知る機会になりますし、一般の来場者にもスタッフが誰なのかということをすぐに見分けることができるので便利なのです。少し派手なデザインにする方が目立ってよいかもしれません。

最後にこのようなオリジナルTシャツを作って動画を撮影するのもよいかもしれません。動く映像というのは特別であり、誰がどんな動きをしていたのかということがすぐにわかります。ビデオを撮影するために誰かスタッフを1人選んでその人にそのイベントのポイントとなるいろいろな動きを撮影してもらうことで、こうした野外イベントは素敵な思い出そして記念となるのです。


真っ白なゲレンデで楽しい野外イベントを行う

とっても楽しい野外イベントでは、驚くほどのイベントをしています。何と、大きな気球を空に向けて飛ばしてしまうのです。その気球はとても大きく、驚くほどによく飛びます。空ほども高く上がり、空を自由に飛ぶのです。その空を自由に飛ぶ気球に乗れて、楽しめる野外イベントがあるのです。

そんな楽しいイベントでは、その気球に乗っては空を自由に飛んで記念撮影をしたりすることもできます。気持良い空を楽しんだり、空気を吸っては楽しく上空を飛ぶことができるのです。30分から1時間ほども乗っていられるのも楽しいところです。

そんな野外イベントでは、冬になるとスキー場で行うイベントまであります。真っ白なゲレンデの中でゲーム大会を行ったり、食事を振る舞ったりします。

ちょっとしたソリでの大会などもやったりして、子供も楽しく参加しては景品が貰えるというのです。大人は本格的にスキーやスノボーで競争をして楽しみます。そして、順位が上の人には、ゴンドラやリフトの乗車チケットまで貰えたりするのです。

冬だけの限定の野外イベントなので、そこがとても楽しいところです。真っ白なゲレンデだからこそ、とってもムードあるところが楽しいのです。それに、知らない人達と楽しく触れ合えるのも良いところです。

みんなで元気にスキー場へと行っては、素敵なゲレンデで恋人を探すという野外イベントまであります。一緒にリフトに乗ったり、ゲレンデで滑ったりするのです。

告白タイムなるものもあり、それもとってもドキドキするところです。参加できる人は男性も女性も独身者で、なかなか出会いのない人も、そんな場所ではかなりスムーズに恋人を探すことができるのが面白いところです。

そんなスキー場では、ナイターを楽しめるイベントも行っています。夜のムードあるゲレンデで、ちょっとした花火を見ることができたりするのです。

犬も走らせては遊べる場所があったりして、ペットがいる人でも楽しく参加できます。


イベント業界もネタ切れ感が出てきたと思われる

最近くだらない、どうでもいいと思えるイベント情報が増えすぎている気がします。昔はそういったくだらないイベントもそれぞれそれなりの魅力があり、行きたいと思えたのですが、最近立ち上げられるイベントはどれもこれも既にあるものの後追いで、新しいと謳っていても非常にくだらない、考えついても誰も実行しなかっただけ…そう思えるようなもので溢れています。

これはイベント運営を営んでいた人が軒並みつまらない人になってしまったのか、イベント業界全体でネタ切れを起こしてしまったのかどちらかでしょう。私としてはネタ切れしているとは信じたくないので、イベント運営を営んでいる人がいれかわった説を信じたいですが、もしかしたらネタ切れの説も可能性の一つとして視野にいれなければならないのかもしれません。

私はイベントの運営に関しては素人です。大規模な野外イベント、中規模な野外イベントに参加することはあっても、自らイベントを企画、運営したという経験はありません。ですのでイベント情報に関してのネタ切れというコメントも、素人のものです。ですが素人である私がネタ切れだと感じるということは、イベントを作っていくアーティスト、運営も同時にネタ切れだと感じていなければおかしいはずです。

こういったイベントごとは昔から日本よりも海外のが強い傾向にあります。海外ではいろいろなモノを用いた新しいイベントが次々と生まれており、海外のイベント運営者は非常に優秀で、面白い人間が多いのだと常日頃感じています。もしも日本でネタ切れを起こしてしまったのであれば、素直に海外からそのままイベントのネタを持ってくればよいのです。

それを変に改悪したり、もしくは新しいと名乗ってしまうからもやもやとした感情が残るのであって、インストならインストだといってもらったほうが客として参加するこちらとしても胸のもやもやがなくなるというものです。
もしこの記事を読んでいるイベント運営者がいましたら、ぜひとも気をつけていただきたいものです。


1 2