お問合せはこちら

2015年10月 一覧

お店の看板メニューを大事にする

多くの人から支持される飲食店は、特定のメニューだけが有名になる場合が多いのです。例えば、天ぷらだけを販売しているお店がいつまでたってもつぶれることなく、お客さんが並ぶようなお店の場合、メニューを増やさなくても人気が落ちないのです。

このように、飲食店に食事をしに来るお客さんは、様々な食事を要求してくる場合がありますが、本当に有名になったお店の場合は、メニューが限定されていても不満に思うことがないのです。

これは、その店で食べるメニューが他では味わう事ができない物であると最初で分かっているので、多くの人が支持するようなメニューを食べてみたいと思うのです。

そして、好評のメニューを食べる前に、美味しく見えるようにアップの写真を撮影して、ブログに掲載するのです。有名店に足を運んだというエピソードが良い印象を与えるし、お店側からするとお客さんが食べに来てくれて、メニューを宣伝してくれるのでとても助かるのです。

このような良いサイクルがあると、お客さんに美味しいメニューを提供し堅実に経営をしている飲食店が、ネットでも話題になることがあります。

多くの人から支持される飲食店を経営するためには、遠いところから食べに来てくれるような美味しい味を作る事が大事です。それには、何時間も出汁を取るために時間を費やしたり、新鮮な食材を手に入れるために遠くまで足を運んだりするなどの手間が必要になります。

このように、他では真似のできないような努力を重ねて、後に多くのお客さんに認めてもらえる状況となるのです。

そんな事から、飲食店を経営するときには立地条件や、チラシを配ったりするような努力をする前に、他のライバル店に負けないような味を確立する必要があります。

テレビ番組で、最高の味を作る選手権などで優勝したりすると、その番組出演だけで、何年も多くの行列ができるお店になる可能性があります。このような、本物の味を作り話題になるようなイベントがあれば、支持されるお店となる可能性があるのです。


美味しい食事ができるお店は人を思うように動かすこともできる

飲食店の役割は、人の本音を吐き出させる場所として、昔から使われてきました。食べるという行為でその気まずさを紛らせることもできるうえに、食べるという体裁の行為の元、話しを進めることができるからです。美味しい料理を食べることでも人は本音が出やすかったり、気持ちがおおらかになることもあるので、そういう意味からも、飲食店は、重宝されてきました。何も空腹を満たすためだけの生きていくための最低限の活動としてだけが飲食店の役割としてあるのではない、というのは間違いない事実です。

お客様をおもてなしする飲食店の店員も、場所によっては、仲をとりもつ役割として指名を受ける場合もあります。飲食店の役割は、食事をしてお腹を適度に満たすことから、人の本音を吐かせるという目的から、人間関係を深めるためなど、さまざまな意味の目的から存在意義が強くあると思います。

食事を通して本音を吐かせる、腹を探るという意味で料亭会談という言葉がありますが、これは、美味しい食事をすることで、人は、一緒に美味しいものを食べている人を無条件に良い人と思ったり、美味しい食事から気の緩みが生じ、本音が出る、話しがある意味、建設的にも進んでいくということで昔から行われてきたと聞いたことがあります。確かに、食事は、美味しいと本音がぽろりと出たり、一緒に食事をしている人を、信じてしまうこともあるものです。

食事をする場所というのは本当に不思議なパワーのあるものです。食べるという行為は、人間の三大欲求でもあり、生理現象のような部分もあります。なぜなら、食べるという行為はある意味で、無防備でもあるからです。本来の生理現象は、呼吸、睡眠、排泄などの部類です。しかし、食べるという行為も、生理現象に似通っている部分があり、人前で一緒に食事ができるということは、生理現象のように無防備な状態と共通する部分があるからです。口に食べ物を運ぶ行為は、本来は生に直球する問題でもあるだけに、無防備だからです。だからこそ、美味しいもので気がゆるめば、話しがまとまるということがあるのでしょう。


近所にオープンするペット同伴のカフェ

新聞広告を見ていると、時折新しい店がオープンするという事を知らせるチラシを目にすることがあります。大概そういった店はチェーン店が多いのですが、先日目にしたチラシはペット同伴が可能というカフェのチラシでした。そのお店のチラシによると犬や猫などリードに繋いだ状態で来店が可能なお店で、店内では犬や猫と共に飲食が可能らしいです。それとお店のメニュー表の一部がチラシに乗っていたのですが、そちらには犬猫用のメニューまで載せてありました。

ペット同伴といったお店は、今まで何回かテレビの中でたまに目にしたことはありますが、近所に出来たことに少し驚きました。とうとうこういった店も私が住んでいるそれほど大きくない街にも進出してきたかという感じです。考えてみると、私の家でも猫を飼っていますし、周りのご近所さん達もペットを飼っている家庭は多く、ペット同伴のお店そのものがこの地域で需要があるのかもしれません。とくに犬を飼っている方はドッグランで遊ばせたり、結構顔見知りになったりしているみたいなので、散歩の帰り道こういったお店でお茶が飲めるのは一息つけるのは良いのではないかなと思います。

チラシを見る限り店内はとても広くて明るそうですし、外に置かれたテラス席なんかは、天気の良い日は飼い犬とゆったりする空間として気持ちいいのではないかと想像します。私ももし犬を飼っていて、犬友がいたりすれば利用するかもしれませんね。

家のペットの猫を連れての来店を想像はしてみますが、でもうちの猫はこのお店に入るのは難しいだろうなと感じます。小さい頃から、超の付くほどの人見知りの猫で、来客が家に来るとすっとんでどこかに隠れてしまうような性格なので、人はおろか、よそ様のペットと顔を合わせるのが難しいかなとは思いますね。でも新しい形態のお店は、とても興味があります。わが家の猫は抜きにして、このお店がオープンしたら自分だけでどんなカフェなのか偵察しに立ち寄ってみたいとは思っています。


飲食店の仕事の概要とスタッフの大変さ

飲食店の仕事は、大まかにお客様と接客をするホールのスタッフと料理を作るスタッフに分かれます。ホールや座敷などで行う仕事に関して、挨拶をした後にお客様をテーブルに案内したり、料理の注文を承ったり、配膳をする業務を主に行います。来店されたお客様に座敷に案内したり、お客様が多い時には走りながら配膳を行う大変さがあります。帰られた時にはテーブルの周辺の清掃を素早く行ったり、食器を洗うなどの業務を行います。
飲食店の料理の担当は、注文されたメニューを作る仕事が主ですが、食器を洗うなどの付随的な業務も担当します。来店の数が多いと待たせないために素早く料理を作る事が求められて、美味しい料理を素早く作る大変さが特徴です。料理とホールの担当は、原則的に業務の間は立ち作業ですので、長時間の立ち作業に耐えられる体力が必要です。
飲食店のホールを担当するスタッフは、店内に置いてあるテーブルの番号を理解して、指示された番号の所に素早く持っていく事が求められます。対面するまで通路を歩く場合には、印象良い歩き方を心掛けなければならないです。お客様とすれ違う際にも正しい敬語で挨拶をして、店内のスタッフとコミュニケーションを積極的に取る事が業務を円滑にします。業務が未経験の場合は、予め研修で接客を学んだり、テーブルの番号の位置を覚えさせられる事が多いです。注文の際はメニューを間違わない事が基本で、様々な研修で学んでいるうちはメモを行いながら業務を覚えているスタッフが殆どです。
業務の際には笑顔で接客を行っている事が基本で、立ち作業などに耐えながら印象良く対応する事が大変です。最近は飲食店が経費を削減する傾向で、ホールのスタッフを入れないで食券で対応している所も多くなっています。店舗によっては料理の担当がホールと料理を担当しながら営業している所もあります。料理をしながら配膳をする事が多いので、来店する人が多いほど仕事が大変になる傾向です。


好きな飲食店に通い顔を覚えられたことで受けられるサービス

自分の場合、好きな飲食店を発見してその味にハマッてしまうと、3日連続で通うなどしてしまうタイプです。そういうことをしているものですから、お気に入りのお店では割とどこでも店員さんに顔を覚えられてしまいます。好きな飲食店で店員さんに顔を覚えられると、いろいろと話しかけてきてくれたりするのですが、お店によってはサービスとして普通のメニューには載っていないものを出してくれたりすることがあります。とあるお店では、まだお店では出していないメニューで開発中だけど試しに食べてみてほしいということで出してくれた料理がありました。そういった裏メニューを出してくれると本当にうれしくなります。初めてそういう体験をした時に出されたものは、出された段階で普通に注文していたものをほとんど食べ終えた頃に出てきたということもあって、正直に言うとそんなに美味しくはなかったのです。それが顔に出てしまったのでしょうか、店員さんも「ちょっと合わなかったかな」といったようなことを言ってました。それでも関係は崩れるということはなくそのお店には通ってますし、なかなか行けない時には冷凍になっているものが販売されているのでそれを買いだめして食べているくらいです。ちなみにその時に出された試作品ですが、その後にメニューに載っていました。ただし自分は好みでいつも頼んでいるメニューがあるため、その新作を試したことはありません。あの時試作の段階で食べた味と比べてどうなったのか気になるところではありますが。
また別のお店では、まかない料理のようなものを出してもらったことがあります。それももちろん正式なメニューには載ってないものです。そこで出しているものは割とコテコテのメニューなので、店員さんがまかないで食べているものはどういうものなのか気になるところですが、出してもらったのはそんなにコテコテではなく、わりとあっさりしていてしかも野菜を使ったものでした。店員さんも健康に気を使っているのでしょうか。
今後新しく好きな飲食店ができて、連続で通って店員さんに顔を覚えられた時に、またまかないとか裏メニューのようなものを出してくれるかどうか楽しみです。


こだわりメニューだからケータリングカー販売

ケータリングカーで販売されるメニューはバラエティーに富んでいます。以前はコストを抑える目的でケータリングカー販売をする店主が多かったですが、今ではケータリングカーそのもののスタイルを気に入って販売をする人が増えているようです。そのため、ケータリングカーにあわせたメニューを考えるよりも、自分が販売したいメニューをどうやってケータリングカーで売れるように形を作っていくか、が問題になっているようです。そこは店主としての知恵と工夫、そしてオリジナリティを発揮するところですから、悩みながらも楽しい計画になるのではないでしょうか。昔のケータリングカーのイメージは、それこそサンドイッチや簡単なカレーセットがメインでしたが、最近では本格的なハワイアンメニューや、人気の北欧メニュー、気軽なスペインの家庭料理などもケータリングカーで販売していることをよく見かけます。よくこんな手の込んだものをケータリングカーで販売できるものだ、と感心しますが、実はケータリングカーで販売できない料理はひとつもないといわれているほど、工夫ひとつでできるようなのです。時間が経過することで品質が落ちてしまうようなものは困りますが、パスタひとつにしても種類を変えることでケータリングカーでの販売にも適したメニューが作れるのです。私たちが普段食べている乾麺タイプのスパゲッティではなく、ペンの先のような形をしたペンネというタイプのパスタや、ファルファッレという蝶の形をしたパスタを使えば、見た目にも華やかなだけでなく、長時間の保温にも耐えられます。ケータリングカーでおしゃれなパスタランチが食べられるなら、オフィス街の女性客はとても喜ぶのではないでしょうか。そのメニュー作りも店主の腕の見せ所であり、万人受けするメニューではなくターゲットを絞ったメニュー作りするべきでしょう。自分のケータリングカーの前で行列ができた時ほど嬉しいものはありませんし、メニュー作りは夢が膨らみます。


宣伝効果が地味に高いと感じる、イベントは野外イベント。

宣伝や広告といえば、各企業が力を入れている怠ってはならないマーケティングです。その中でも、一番有名なものといえばテレビCMでしょう。他にも、スポーツチームのスポンサーや、屋外の看板広告などは誰しもが見たことはあるでしょう。そして、それらに言えることは多大な宣伝量が掛かることです。例えば、人気サッカーチームのユニフォームスポンサーになる場合は、数十億円が掛かるとされています。そういうお金は、中小企業や地方に本社を置く企業には集めるのが難しいお金です。

それでも、そこまで高いお金を掛けなくても、大きな宣伝効果を得る方法はあります。それは、野外イベントです。これは、都内などの都心部ではよく行われています。例えば、ある地方の特産物を扱ったイベントなどは結構多いですよね。テントやブースに、地方の名産物を置き都心部の人がそれを手に取り、買うことによってその地方の知名度アップや、地域振興につながることができます。

それ以外でも、企業が野外イベントを行うことも多いです。これも例を挙げると、お菓子の会社が新商品のアピールのために、都心にテントやブースを作り歩行者に試供品を配るというものです。これも、都内ならばよく見る光景ですよね。詳しいことはそれぞれの企業に聞かなければなりませんが、おそらくテントやブースを作るのにはそこまでお金はかからないので、手っ取り早く安く宣伝ができる方法ではないでしょうか。

そういう意味でも、野外イベントは様々な企業や地方自治体にとっても、なくてはならない宣伝媒体となっているようです。他にも、マイナーなアイドルグループが野外イベントで、知名度アップを目指すことも東京都心部では珍しくないようです。このように、いろいろな企業や自治体や団体の、可能性を伸ばす秘策といえば野外イベントを、いかにして成功させるかではないかと思います。人目を惹き、人を魅了するイベントづくりが出来る団体は、おそらく伸びしろも多いのでしょう。


野外イベントしてのビールイベント

自宅からあまり遠くない場所で、一年中野外イベントをやっています。土日を中心とした休みには何もやらないことが珍しいくらいです。人が集まりやすい場所であるので、色々な切り口でイベントをやっているですが、その中でも人気のあるのはやはり食べ物系のイベントであるようです。
私もそこそこの頻度でそれらの野外イベントに参加しますが、興味を惹かれるのはやなり食べ物系のイベントです。その食べ物系のイベントの中でも特に興味があるのはアルコール系でそのアルコール系の中でもビールのイベントで、開催される時にはほとんど参加しているといっていいでしょう。
ビールのイベント自体はそれほど頻繁にやっているわけではありませんが、ある程度の頻度でイベントを開催することを考えればかなり人気があるということになるでしょう。
私が野外イベントのビールのイベントが好きなのは、ビールは野外でいただくのにとても適していると感じるからです。特に天気が良く、太陽が顔を出しているような時間で、ちょっとしたおつまみとともに芝生の上でビールをいただくのは何とも爽快です。おまけにビールのイベントではつきものといっていいような陽気な音楽やパフォーマンスを同時に開催していることがおおく、ビールのアルコールでいい気分になっているテンションをさらにパフォーマンスで上げてくれます。気分がハイになって、とても楽しい気分になって野外イベントを楽しんでいる自分がいるのです。
それにビールイベントではもちろん、普段はあまり飲めないのような珍しいビールやおつまみもそれらのビールに合うようなものを厳選しているので、それをいただくのも楽しみです。
主なものではクラフトビールのイベントと海外のビールのイベントでありますが、どのようなビールのイベントでも楽しくなれるのは確実なので、これからもビールの野外イベントがあれば、ぜひ参加しようと思っています。ただちょっと冬場だけは勘弁してほしいと思いますが。


意外と儲かるケータリングカーでのイベント販売

個人で何か仕事を始めてみたい!こんな風に思っても、現実はそう簡単ではありません。特に何か技能を持っていたり、強いコネや人脈に恵まれているなどでもないと、いきなり独立して個人事業主になったところで、上手く行く可能性は極めて低いものとなります。特に飲食業となると半分は3年以内に廃業してしまうというぐらい厳しい世界のようです。確かに、新規オープンした飲食店が、半年ももたないで潰れているような光景を目にすることは結構あるように思います。仮に立地が良くて、味が良くても、宣伝が上手くいかなかったりすれば、店の経営は立ちゆかなくなる、かなり難しい商売のようです。特定の店を構えるとなると、テナント料や保証金は勿論、内装や設備にもかなり資金が必要になりますから、経営に失敗した場合のダメージは相当のモノがあります。

しかしながら、同じ飲食業でも、初期投資額がそれほど掛からないことでリスクを低減しつつ、集客力も期待出来る形態のやり方があることは、多くの人は気づいていないかもしれません。それは、ケータリングカーで移動販売するというやり方です。昔で言えば、屋台を引いてラーメンやうどん、そばを売り歩いたり、或いは同じ車を利用するパターンなら、石焼き芋の販売のようなモノなのですが、さすがに今はもうちょっとおしゃれになっています。

例えば、カレーやポップコーン、サンドイッチ、タコス、アイスクリームやソフトクリーム、パスタ、クレープなど、多く種類が今はケータリングカーで販売されているのです。勿論昔ながらのラーメンやたこ焼きのようなモノや祭りの露天に近いパターンもありますが、かなり洗練されてきていることも確かです。

既に書いたように、初期投資がケータリングカーの費用等に限定されることや、イベントや歩行者天国など常に人が集まるところに、店舗型では不可能な自ら出向くことが可能になるなど、通常の飲食開業よりメリットが多いので、経験の少ない人でも開業が容易であるのがケータリングカーによる販売の特長です。また、イベントへの出店依頼や許可などについても、きちんと指導してくれる協会や会社もありますので、そういうところに登録しておくと、かなり情報も集まってきて有利になります。飲食業へ本格的にチャレンジしたいと思ったら、まずケータリングカーでの移動販売から始めてみるというのも手ではないでしょうか。


飲食店等の分類について思ったこと。

食品衛生法の第3条に「食品等事業者」が規定されています。飲食店はその中の1つと考えられます。
何故「中の1つ」と言うかというと、製造・輸入をする者や、また器具や容器に関係する事業も「食品等事業者」に含まれるからです。
日本標準産業分類には、「大分類M-飲食店、宿泊業」の中に、「一般飲食店」、「遊興飲食店」が規定されています。
面白いと思うのは、「遊興— 」には「バー、キャバレー、ナイトクラブ」や「酒場、ビヤホール」の他に「料亭」という項目があるのですね。
「喫茶店」は「一般—」の中に分類されていますが、「料亭」は「遊興–」に含まれるんですね。実際に出される飲食物より付加価値が大きいものを「遊興」に分類しているんでしょうか。何か特別な楽しみ(付加価値)がなければ、原価よりもずっと高い金を払うはずが無い、と。
これは今自分が勝手に解釈しているだけですから、真に受けないでください。
「酒場、ビヤホール」という項目は、ビヤホールを酒場から分けている理由はなんでしょうか。ビールだけ特殊な分類になるとか・・。
「一般— 」の中の「すし店」に『(持ち帰り・出前専門店を除く) 』と補足されています。それを区別するのは分かる気がしますが、「すし店」以外で、持ち帰り専門だとどうなんでしょう。やはり除外されるのだとしたら、「すし店」以外には補足がないのは何故か?
例えばファーストフードのチェーンで、持ち帰り専門の店舗と、店内で座って食べられる店舗と二種類抱えるチェーンがありますが、この場合、それぞれで分類が異なるのでしょうか。
「一般—」「遊興—」と別に、「宿泊業」という項目があります。その中に「下宿業」があります。「下宿」は宿泊業なんですね。非常に長いスパンの宿泊ですね。
「旅館、ホテル」「簡易宿所」「下宿業 」「会社・団体の宿泊所」「リゾートクラブ」の他に、
「他に分類されない宿泊業」というのもありますが、どういう宿泊業でしょうね。


1 2